ここから本文です

16歳鍵山優真、V判明の瞬間の“喜び爆発リアクション”に反響「キスクラ可愛い事件」

1/13(月) 21:03配信

THE ANSWER

キス・アンド・クライの様子を海外メディア公開「自分が優勝と気づいた瞬間」

 原則15~18歳が対象の第3回冬季ユース五輪は12日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の16歳・鍵山優真(星槎国際高横浜)が166.41点、合計239.17点で逆転優勝を飾り、金メダルを獲得した。得点表示の瞬間は可愛らしく歓喜を爆発させた16歳。海外メディアが動画付きで公開し、ファンの間でも反響の声が上がった。

【動画】「キスクラ可愛い事件」と反響! コーチとシンクロも発生、その表情は…鍵山優真の“喜び爆発リアクション”の実際の瞬間

 思わず、感情が行動になった。首位と6.96点差があり、最終滑走で会心の演技を終えた鍵山。キス・アンド・クライに場所を移し、得点を待った。逆転できるかどうか、際どいところ。緊張の面持ちで時間が過ぎた後、表示されたのは合計239.17点――。逆転優勝だ。確信した次の瞬間だった。

 両手を天に突き上げ、渾身のガッツポーズ。ベビーフェイスの表情にはこれ以上ない笑顔が咲いた。さらに何度も両拳を揺らしたり、身をかがめたりして、喜びを抑え切れない。途中は隣のコーチとシンクロするシーンもありながら、ユース五輪優勝という快挙をかみしめていた。

 なんとも微笑ましいシーンをIOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」公式ツイッターは「自分がチャンピオンと気付いた瞬間」と題して動画付きで公開するなど反響。日本のファンもネット上で「キスクラ可愛い選手権優勝でいい」「喜び方可愛すぎ」「キスクラ可愛い事件」「キスクラの2人素敵過ぎ!!」などの声が上がっていた。

 羽生結弦、宇野昌磨に次ぐ、次代のエース候補と期待される16歳。ユース五輪という若き才能の祭典で優勝した自信を成長の原動力とできるか。将来が楽しみな逸材だ。

THE ANSWER編集部

最終更新:1/13(月) 21:03
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ