ここから本文です

U-23代表MF食野が自身を苦しめた“重圧”を激白 「正直、海外組1人で来て…」

1/13(月) 17:05配信

Football ZONE web

U-23アジア選手権はグループリーグ敗退が決定 「ただただ実力不足」

 森保一監督率いるU-23日本代表は12日、タイで開催されているU-23アジア選手権のグループリーグ敗退が決定した。“背水の陣”で臨んだ第2戦シリア戦は1-2で屈辱的な敗戦。第1戦のサウジアラビア戦(1-2)に続いて2連敗となり、同大会史上初めて決勝トーナメントに進出できなかった。今大会唯一の欧州組として2試合連続で先発出場したMF食野亮太郎(ハーツ)は、苦しかった胸の内を激白した。

【動画】史上初のグループリーグ敗退の屈辱…U-23アジア選手権「日本×シリア」(1-2)ハイライト

 背番号10を背負った食野は、ただただ自身を責め続けた。東京五輪イヤーの公式大会で2連敗を喫し、アジアの舞台でまさかのグループリーグ敗退。突き付けられた現実はあまりにも受け入れがたいものだった。試合終了後、食野は表情を曇らせたまま、必死に答えを探しているようだった。

「ただただ実力不足。チームのことを言うのは簡単だけど、自分のところでもっとマークを外せるか、個で打開できれば違ったと思う。そこを反省して、成長できると感じたのが収穫だと思う」

 敗れれば敗退が決まる崖っぷちで迎えた一戦。序盤からいきなり苦境に立たされた。前半5分、ペナルティーエリア内で相手選手に対し、DF町田浩樹(鹿島アントラーズ)が遅れて蹴ってしまい、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の判定。これによってPKを献上し、同9分に先制点を許した。

 対する日本は同30分、左サイドからカットインしてミドルシュートを放ったMF相馬勇紀(名古屋グランパス)が、相手DFに弾かれてこぼれたボールを拾って再びシュート。この強烈な一発がニアサイドを破ってゴールに吸い込まれ、1-1の同点に追いついた。後半は膠着した状況が続くなか、試合終盤にカウンターを受け、失点。2戦連続して終盤の失点で敗れ、ショッキングなグループリーグ敗退となった。

 今大会初めて10番を付け、唯一の海外組として参加した食野。ガンバ大阪・下部組織時代の同期MF堂安律(PSV)や、MF久保建英(マジョルカ)、MF三好康児(アントワープ)ら五輪本番の中心となることが予想される選手は、シーズン中のため招集できず。食野もメンバー発表時からグループリーグの3試合限定で選出された。

1/2ページ

最終更新:1/14(火) 1:25
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事