ここから本文です

U-23日本代表、またも終盤失点で敗北。松本泰志「チームとしても個人としても情けない」【AFC U-23選手権】

1/13(月) 0:56配信

フットボールチャンネル

【U-23日本代表 1-2 U-23シリア代表 U-23アジア選手権グループB第2節】

【グループリーグ順位表】AFC U-23選手権

 サッカーU-23日本代表は12日、AFC U-23選手権(東京五輪アジア最終予選)のグループリーグ第2節でU-23シリア代表と対戦し、1-2で敗れている。この結果を受け、グループリーグ2連敗となった森保ジャパンは、1試合を残しての敗退が決まっている。

 ダブルボランチの一角として先発フル出場を果たしたMF松本泰志は、試合後のインタビューで「チームとしても個人としても情けないかなと思います」と試合を振り返っている。

 立ち上がりの9分にPKで先制点を許した森保ジャパンは、その後30分にMF相馬勇紀の強烈なミドルシュートでなんとか同点に追いついたものの、終盤にFWアハマド・ダリに決勝ゴールを浴び、敗北を喫することになった。中盤底で90分間プレーした松本は積極的にボールを受けたものの、なかなか効果的なパスを前線へ送ることができず。持ち味はあまり発揮できなかった。松本自身も「個人的にも前半ちょっと慎重になりすぎて、横パスとか多かったので、後半ももっと積極的に行った方が良かったとかなと思います」と反省を口にしていた。

 また、U-23シリア代表など、東京五輪出場を目指して今大会を戦っているチームについて問われた松本は「死に物狂いで来ていましたし、そこの熱量というのは、結果を見て相手の方が上だったと思います」とコメント。さらに「気持ちもそうですけど、チームとしても個人としても勝ちに対する気持ちとか実力が伴わなかったのかなと思います」と話している。

 U-23日本代表はグループリーグでの敗退が決定した。ただ、中2日を経て、最終節のU-23カタール代表との一戦がまだ残されている。選手個々のアピールも必要となってくるが、松本はその試合に向け「無駄にはできない試合ですし、最後の試合で自分たちの成長を見せられるようにやっていければと思います」と意気込みを語っている。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:1/13(月) 1:18
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事