ここから本文です

水虫、足を洗う習慣で防ごう 毎日同じ靴は履かない

1/14(火) 7:47配信

NIKKEI STYLE

水虫はいくつかのタイプに分けられるが、それぞれに適した薬で治すのが大切だ。自分の足を健康に保つための「健足術」の連載8回目は、日常生活における水虫感染の予防法を紹介する。スポーツクラブや温泉などをはだしで歩いたら、24時間以内にしっかり洗おう。

◇  ◇  ◇

前回「水虫、自己判断で放置は禁物 糖尿病の人は要注意」で説明したように、水虫は足指の間やかかとに起こる「足白癬(あしはくせん)」と爪に起こる「爪白癬(つめはくせん)」に分けられる。さらに足白癬は、趾間(しかん)型、小水疱(しょうすいほう)型、角質増殖型の3つに分けられ、タイプ別にのみ薬か塗り薬で治療する。

そのうち爪白癬については、「一度治ったとしても再発率が非常に高く、やっかいな水虫です」と久道勝也理事長は話す。爪白癬は足白癬が先行して起きていることが多い。まず趾間やかかとなどに水虫が起き、爪白癬が起こるというわけだ。

実は、爪白癬にも種類がある。つま先側から爪の内側に白癬菌が入り込むDLSO(遠位側縁爪甲下[えんいそくえんそうこうか]爪真菌症)がほとんどだが、SWO(表在性白色爪真菌症)のように爪表面の傷口から入り込むものもある。

■皮膚角質に白癬菌を侵入させない

「この一連の流れを考えると、何よりも大切なことは、白癬菌の皮膚角層への侵入を許さないことです。白癬菌が皮膚内に侵入し、感染が成立するまでに最低24時間かかります。温泉、プール、スポーツクラブといった感染リスクの高い場所を裸足で歩いたときは、24時間以内に必ず足をきれいに洗うようにしましょう」と久道理事長はアドバイスする。

スポーツクラブや温泉でお風呂に入って自宅ではもう足を洗わない、なんてことをしていると、24時間経過していることも。自分は無関係と思わず、しっかり足を洗う習慣をつけよう。

洗うときは、せっけんや洗浄剤をよく泡立てて、足指の間も開き、ていねいに洗い流す。また「濡れている状態で、かかとを軽石などでゴシゴシ強くこすらないこと。角層が傷つくと、そこから白癬菌に感染するリスクが高くなります」と久道理事長は説明する。

足をしっかり洗ったら、足に水分が残らないようによく拭く。またそのあとは靴下をはいて、足を守ることが望ましい。

「靴下は、人からうつらないためにもはいてほしいのですが、自分が白癬菌を持っている場合、家族にうつさないためにも大切です。皮膚科医では五本指ソックスがいいという意見もありますが、足の健康全体を考えるポダイアトリー(足病学)の考え方では、通常のソックスがいいとされています。五本指ソックスでは、時に糖尿病などでもともと虚血のある人の血流を妨げる可能性があるからです」(久道理事長)

ひどく汗をかいたときは、靴下を頻繁に替えることも心がけたい。また、靴もできれば同じ靴を毎日履くのではなく、しっかり乾燥させられるよう、2足を交互に履くなどといった工夫もしよう。靴の中の湿気を減らせるからだ。

1/2ページ

最終更新:1/14(火) 7:47
NIKKEI STYLE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事