ここから本文です

芸能人の薬物使用は「一発アウト」か「復帰容認」か

1/14(火) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 2019年は多くの有名人が薬物使用や所持で逮捕され、公開を控えていた出演作品や過去作品などの扱いをめぐり、様々な議論が巻き起こった。そして、いまだ結論が見えないのが、芸能人の復帰についてだ。『週刊ポスト』読者アンケート(※)では、【一発アウト】:67.5%、【復帰容認】:31.8%という結果だった。双方の意見を代表して、漫画家の倉田真由美氏と映画監督の白石和彌氏に持論を聞いた。

【写真】倉田真由美氏は「アウト派」

●倉田真由美氏(漫画家・一発アウト派)

 2019年は、3月に俳優のピエール瀧さんがコカイン使用の容疑で逮捕され、11月には女優の沢尻エリカさんが合成麻薬「MDMA」の所持容疑で逮捕されました。こうした報道でいちばん怖いと思うのは、薬物使用そのものに憧れてしまう人が出てこないか、ということです。

 薬物は誰にも迷惑をかけない犯罪だと言われますが、それゆえに一線を越えやすい。憧れの役者やミュージシャンに薬物使用が発覚した際、「クスリをやってあんなに格好いい演技や音楽ができるのか」と思う人が出てしまう可能性がある。

 もちろん、一般の人が復帰を目指して頑張ることを否定するわけではありません。しかし、芸能人は憧れの対象になりやすいからこそ「一発アウト」を原則として、易々と復帰を認めるのは慎重になったほうがいい。

●白石和彌氏(映画監督・復帰容認派)

 1980年代に「覚せい剤やめますか。それとも人間やめますか」というCMがあり、未だに“クスリをやった人は終わり”と誤解している人が多いと感じますが、薬物はアルコールやギャンブルの依存症と同じ「病気」であり、治療を受けたら社会に復帰できると知ってほしい。

 もちろん、薬物使用はいけないことですが、その上で「なぜ薬物をやってしまったのか」と苦しみながら治療している人が大勢います。「芸能人だから一発アウト」とする風潮は、治療中の人に「自分も断ち切れないんじゃないか」という不安を与えてしまう。社会復帰できず、周囲の友達も離れ、再び薬物に戻ってしまう悪循環を招きかねません。そうではなく、芸能人も一般人も「元いた場所に戻れる」「人生をやり直せる」社会であるべきです。

【※本誌読者アンケート「2020年日本の重要問題について意見をお伺いします」から集計。998人が回答。100%に満たない部分は無回答】

※週刊ポスト2020年1月17・24日号

最終更新:1/14(火) 7:37
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事