ここから本文です

ロッテのドラ2捕手が語った佐々木朗希の「武器、フォーム、シュート回転」

1/14(火) 20:30配信

THE DIGEST

 ロッテ・新人合同自主トレは14日、第2クールに突入。ドラフト2位・佐藤都志也が、ドラフト1位・佐々木朗希をキャッチボールの相手に指名し、初共演を果たした。

 この日から「球質はこの時期しか見れない。(キャッチボールの)相手を変えながらやっていこう」と、決めていた佐藤。まずは、入団会見で受けてみたい投手にあげた佐々木朗に声をかけた。

「どういう球質なのか見たくて」

 徐々に距離を広げながら10分間。合同自主トレ初日に比べて、少し力強く投じられた佐々木朗のボールが、約30mほど離れた佐藤のミットに吸い込まれると「パァーン!」という小気味の良い音が、無観客のスタンドに響き渡った。ミットを叩く捕球音に心地良さを感じながらも、その球質に改めて驚いていた。
 
「意識して音が出るように捕っていたわけではなかったので、すごいなって思いました。(キャッチボールだったが)失速することなく、生きたボールだったので、さすがピッチャーだなと。いいところに来た時に、ずっしり重い球で、これじゃちゃんと打たないと飛ばないなと。速いのにちゃんと重い球っていうのが、彼の武器なのかなと思いました」

 さらに、こうも付け加える。

「キャッチボールをする前、(一緒に)ストレッチとかをした時に関節が柔らかかったです。それが(投球の)しなやかさだったり、腕の出どころの見え方、リリースポイントが前になるのかなと思いました。そういう意味では、すごく柔らかくて、いいフォームをしているなと思いました」
 

 大学代表捕手でもあった佐藤の言葉を聞いた佐々木朗は「多分、いいふうに言ってくださっている」と謙遜し、「これからゆっくり状態を上げていければいいかな」としっかり自分のやるべきことを見据えていた。

 初のキャッチボールで、佐々木朗の能力を身をもって感じた佐藤だが、もう1点気づいたことがあった。

「(神宮での)高校代表 vs. 大学代表の時に一度、投球を見させてもらっているんですが、試合後の映像や打席に立った打者の感想、相手捕手のミットの動かし方などを見て、あの時はシュート回転のボールが多かったのかなと感じていました。それが今回は、そんなにシュート回転していなかったので、自分が思っているより悪くなかったなと思いました」
 
 当時のシュート回転について、佐々木朗は「(キャッチボールは)力を抜いている状態なので、なんとも言えないですが、(当時は)血豆ができていて、中指でボールを押せないことが原因だったので、そういう面ではあの時より、シュート回転していないと思います」と佐々木は、自身でも十分認識しているが「無理して修正することもないかなと」あくまで体作りに重点を置く。

「すごい気持ちよかったので、ブルペンで受けてみたいという気持ちが、より一層高まったキャッチボールでした」

 そう佐藤が語るように黄金ルーキーのブルペン入りは誰もが望むところだが、チームの方針として、じっくり体を作ってからのこととなる。

 いずれやってくるブルペン入りの日が今から待ち遠しい限りだ。

文●岩国誠



【著者プロフィール】
いわくに・まこと/1973年生まれ。元々はプロ野球のニュース番組制作に携わるTV映像ディレクター。8年前から5年間、SNSなどでの球団公式映像やパ・リーグTVでの制作・配信を経験。その縁から昨年より、フリーライターとして、webメディアでのプロ野球記事の執筆を始める。また、舞台俳優としての経験を生かして、野球イベントなどの運営や進行役など、幅広い活動を行っている。

最終更新:1/14(火) 20:30
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事