ここから本文です

「憲法改正の気運高めたい」平沢勝栄自民党憲法改正推進本部副本部長

1/14(火) 18:03配信

Japan In-depth

【まとめ】

・憲法改正は国民の理解が最優先。

・憲法改正に対する国民のムードを高める必要あり。

・ゴーン逃走、日本は早急に汚名返上を。

今回ゲストは平沢勝栄(自民党広報本部長兼憲法改正推進本部副本部長)衆議院議員。2020年における憲法改正の取り組み方および日産自動車の元会長であるカルロス・ゴーンの逃亡への対応について、政治ジャーナリストの細川珠生が話を聞いた。

細川氏は憲法改正が2020年度における政治の重要課題であると述べた上で、安倍首相の自民党総裁としての任期が残り1年9ヶ月であることを考え、これからの憲法改正の取り組み方について聞いた。

平沢氏は「今は国民の皆さんのご理解を頂くことが最優先」と述べ、憲法改正は他の法案と異なって最終的には国民投票で決まるため、自民党の中でも慎重に時間をかける必要がある、とする人が多いと述べた。

憲法審査会は、全会一致が開催の前提となっており、先の臨時国会の衆院憲法審査会では約2年ぶりに自由討議が開かれたが、憲法改正に向けた議論は深まっていない。こうしたことを踏まえ平沢氏は、「なかなか前に進まないことが明らかになってきた。そろそろ私は(全会一致の原則を変えても)いいと思う。」と述べ、憲法審査会開催を巡る膠着状態の解消に意欲を示した。

憲法審査会での議論内容を国民に周知するほかに国民の理解を得る方法は何かという細川氏の質問に対して、平沢氏「一つには国民に国会で(憲法改正について)議論していることを報道等で知ってもらうことだ」と述べ、国会での議論をマスコミを通じて多くの国民に周知していくとの考えを示した。

憲法改正原案が衆参の3分の2の賛成で議決されたら、憲法改正案を発議し、国民投票かけることになる。その時点で衆参各10人の議員からなる国民投票広報協議会が出来、国民投票に関する広報を行うことになる。国民投票は国会で議決された2ヶ月から6ヶ月後迄の間に行われる。その間、国民投票広報協議会は投票2週間前までテレビやラジオなどの様々な媒体を使って有料放送(CM)を通じて国民に働きかけることができる。平沢氏は、「テレビラジオなどで有料で広報出来ることが選挙との大きな違いだ」と述べた。

1/2ページ

最終更新:1/14(火) 18:03
Japan In-depth

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ