ここから本文です

ジャンボ機を「空飛ぶ実験室」に徹底改造、ロールスロイスによる計画が進行中

1/14(火) 12:14配信

WIRED.jp

2019年10月半ばのことだ。シドニーからロサンジェルスへ14時間かけて向かうカンタス航空のフライトは、ほぼいつも通りだった。乗客に提供されるピーナッツに、機内で観る最新の『スパイダーマン』。そして落ち着きのない幼い子どもや、飲みすぎのビジネス旅行者がいる。

【画像】工場から“墓場”まで、飛行機の知られざる一生

ところがこのフライトの4日後、このボーイング747-400機はワシントン州シアトルから3時間ほど東にある施設にあった。そこでは、機体の“非カンタス化”が始まっていた。

この“非カンタス化”とは、航空宇宙に関するテスト・開発・設計を行う企業であるエアロテック(AeroTec)の社長リー・ヒューマンの表現だ。客室のディスプレイからはカンタス航空のロゴがはがされ、カンタスを特定できる電子機器は取り外された。これで、すべてがロールスロイスの所有物になったのである。

「この飛行機は過去19年間、カンタス航空で素晴らしい時間を過ごしてきました」とヒューマンは言う。「これからは空飛ぶ実験室として、第2の時間を過ごすのです」。エアロテックはこの機体を生まれ変われせる任務を、ロールスロイスから請け負っているのだ。

すべてがスケジュール通りに進めば、この747は2年後に、ロールスロイス製エンジンの空飛ぶテスト環境になる。新たに計器やセンサー、実験用ジェットエンジンを搭載した機体をロールスロイスと契約したパイロットが飛行させ、将来そのエンジンが動作するような条件でテストを行う。その間、機体後方のステーションにいるエンジニアたちが、エンジン性能をモニタリングする。

ロールスロイスは機体の改造に7,000万ドル(約76億円)を投じている。これには新たに取り付けられる3万個の部品も含まれている。

ジェットエンジンのデータを大量収集

エアロテックがこれほどの大金を投じるのは、いくつかの大きな理由がある。ひとつには、現在ロールスロイスがアリゾナ州ツーソンで空飛ぶテスト環境として利用しているボーイング747-200機が、使用開始から約50年が経過していることだ。

交換部品を見つけることがますます難しくなっているのだと、同社の開発・実験的技術責任者のガレス・ヘディカーは言う。また、新しい747-400は、747-200と比べてより高く速く飛行できる。このためロールスロイスは、エンジンをこれまでより多様な状況でテストできるようになる。

機体に新しい計器を追加することで、さまざまな電気条件や水理条件のシミュレートが可能になる。これによってロールスロイスは、ジェットエンジンの動作に関するデータを大量に収集できるようになると、ヘディカーは言う。

エンブリーリドル航空大学で航空宇宙工学を教えるリチャード・アンダーソンによると、エンジンメーカーがテスト目的で空飛ぶ実験室をつくるのは珍しいという。ほとんどのメーカーは地上テストで、上空の低い空気密度と、時速600マイル(約960km)という速度を再現する。そのあと、高度な技術と米連邦航空局が認可した安全性プロセスを使用して、地上テストの結果が上空でも再現されることを確認する。

ロールスロイスの技術チームは、空飛ぶテスト環境をつくることで反復設計とテストプロセスをより迅速に進められるようになると、アンダーソンは言う。だが、地上でのテストより費用はかかる。747機を使うとなればなおさらだ。「テスト環境として使うには、非常に巨大で高価な飛行機です」とアンダーソンは言う。

1/2ページ

最終更新:1/14(火) 12:14
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ