ここから本文です

ヴィンテージで叶える、パリジェンヌのパーティスタイル。

1/14(火) 20:21配信

フィガロジャポン

パリジェンヌのリアルなスタイルを紹介する連載パリジェンヌファイル。今月は元モデルで現在はコミュニケーションディレクターとして活躍中のノエミがパーティスタイルを披露。まずはドレスからチェック!

ノエミのパーティスタイルを見る。

クリスマスにニューイヤーと、1月末までは華やかなパーティ続きの季節。そんな時こそ最高に気分が盛りあがるスタイルで出かけたいのが乙女ゴコロというもの。でも、毎回新調するのは現実的ではないし、手持ちの服や小物でコーディネートするのが、おしゃれなパリジェンヌの腕の見せどころ。
「他のゲストとかぶらないからヴィンテージが好き。秋くらいからヴィンテージショップで下見します。ベーシックなトップやシンプルなボトムスに、大ぶりなアクセサリーで“いまどき”のパーティ仕様にアップグレードさせることが多いですね」。今回は、賢くおしゃれに! がモットーのノエミがリアルパリジェンヌのドレスコードをご紹介。

オリジナルなアイテムで、パーティスタイルも自分らしく。

マレのヴィンテージショップで購入したドレス。「2018年末のパーティのドレスコードがギャッツビーだったので、裾に羽根飾りをアレンジしていました。今シーズンはシンプルにそのまま着る予定」。

「ザディグ・エ・ヴォルテールのシルクシャツとマッシモ・ドゥッティのベルベットパンツはどちらもシンプルなデザインだけれど、上質素材同士のコーディネートで、パーティにふさわしい華やかさに」。あえてメンズライクなシューズでコントラストを。

「フェミニンなディテールが好きで、このリボンタイもお気に入り。タラ・ジャーモンで購入しました。ZARAのコーデュロイのミニサロペットにトレンドのニーハイブーツを合わせてみました」。

<Noemie Salvi>
フランス南東部、グルノーブル出身。16歳の時にモデルエージェント“エリート“のコンテストに入選。18歳でパリに上京し、モデル活動と並行して、コミュニケーションPRの専門校IGSでマスターを取得。現在は、ファッションコンサルティング会社でコミュニケーションディレクターを務めている。
Instagram:@noemi.slvi

<Hiroko Suzuki>
パリ在住のスタイリスト、ライター、ファッションコンサルタント。日本でスタイリストとしてキャリアをスタートし、渡仏。その後、長年にわたり「フィガロジャポン」をはじめ、さまざまなメディアでモードや旅などの最新情報を届ける。Instagram : @suzukichako

photos:AYUMI SHINO, realisation : HIROKO SUZUKI

最終更新:1/14(火) 20:21
フィガロジャポン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事