ここから本文です

「グウィネス・パルトロウが1日に食べているもの」ライフスタイルブランドの創業者はやっぱりヘルシーなのか聞いてみた

1/14(火) 22:21配信

ハーパーズ バザー・オンライン

US版『ハーパーズ バザー』2月号の表紙を飾っているグウィネス・パルトロウが、動画シリーズ“Food Diaries”で1日にどんなものを食べているのかを語った。

【写真】おしゃれベテラン女優、グウィネス・パルトロウのフィルモグラフィー

ライフスタイルブランド、グープ(Goop)を創業したパルトロウが、1日の始まりにテーブルスプーン1杯の生のココナッツオイルを口に含んでうがいすると聞いても、ビックリしないだろう。「アーユルヴェーダで口中のバクテリアを除去する方法なの」と、パルトロウは、オイルプリングとして知られる古代のテクニックの説明をする。

その後は、ウェルネスとライフスタイルのブランドを経営する人にかなりふさわしい食生活と嗜好が続く。たんぱく質と繊維質たっぷりのスムージーやピーナツバターのプロテインバー、ターキー・バーガーを食べて緑茶を飲むそうだ。

「私は、朝食をしっかり食べる人ではないの」と、告白。その代わり、ジムでGoopGlowを飲む。ビタミンCや他の抗酸化物質を含有し、肌を活性化する“スーパーパウダー”だ。「私はこれに夢中なの。私にとっての朝のオレンジジュースみたいなものね」

それからオフィスへ行くと、たんぱく質豊富なスムージーかピーナッツバターのプロテインバーを食べるようにする。

お昼になると、ランチを食べる準備。「たいていは、グープ(Goop)のウェブサイトに載っているようなランチを食べるわね。たんぱく質を加えたサラダとか、タコスにヒカマ(葛芋)を使ったりして、デトックスになる何かおもしろいものをテストしている時はそれを食べたり。おいしいソースを使ったとてもクリーンなバージョンのターキー・バーガーもあるわ。レタスか何かでラップしてとてもヘルシーなのよ」

Translation: Mitsuko Kanno From Harper's BAZAAR.com

最終更新:1/14(火) 22:31
ハーパーズ バザー・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事