ここから本文です

島田紳助のYouTuberデビューはあり得る? 芸能界復帰は否定も、変わらぬトーク力で高まる期待

1/14(火) 11:01配信

リアルサウンド

 歌手・タレントのmisonoによるYouTubeチャンネル「misono ch」で1月13日、2011年に芸能界を退いたレジェンド・島田紳助さんが出演した動画が公開された。

 前日にmisonoの公式ブログで告知され、大きな話題になっていた、島田紳助さんの登場。misonoは偶然、大阪での仕事が重なった『ヘキサゴン』(クイズ!ヘキサゴン)ファミリーの山田親太朗に連絡をしたところ、「近くのバーで、紳助さんと一緒にいる」とのこと、合流したところ、紳助さんから「YouTuberを撮ろう」と提案があったという。

 動画の冒頭、「なんとこの方が、YouTube撮ろうぜ、と言ってくださいました。……うちなんかが紹介してもいいの?」とまごつくmisonoと山田に対して、紳助さんは「久しぶりに聞いたけど、お前らほんとトーク下手。人を紹介するとき、もうちょっと盛り上げるとか、立てるとかせえよ(笑)」と、さっそくキレのあるツッコミとともに登場。「僕は引退しまして8年半、昔は島田紳助という名前で仕事してました。いまは釣りをしたり、ゴルフしたり、筋トレしたり、健全な日々を過ごしてます」と、流暢に話し始める。「今回は親太朗が大阪に来るということで……闇営業で」と、相変わらずの際どいトークで視聴者をわかせていた。

 芸能界を引退し、「ストレスがなくなって、下痢が止まった」と紳助さん。テレビの仕事で多忙を極めていた時期は、口癖のように「暇や」とつぶやき、空いた時間を無駄なものと捉えていたが、いまは余暇を有意義に過ごすことができているという。伸ばしていた髪も「みんなに汚らしいと言われた」とばっさりカットし、若々しい印象。アルコールが入り、ややしゃがれている声はまた別として、頭の回転も、趣味のトレーニングで鍛えられた身体も含め、すぐにでも現役復帰できそうだ。

 『ヘキサゴン』という番組への思い入れや、山田親太朗の破天荒エピソードを大いに語った後、「いまの芸能界は大変ですよね。モノを言いたいね」とも。「バラエティは規制が厳しくなって、これは言ったらあかん、あれは言ったらあかんと。芸能人が浮気をしたらあかんとか、不倫をしたらあかんとか、ヤイヤイ言われて、芸能人のなり手なくなるで」と、外から芸能界を眺めている立場だからこその意見を述べていた。

 動画タイトルに「復帰ではありません」とあるように、この動画をきっかけに紳助さんが芸能活動を再開する、ということはなさそうだ。misonoも13日、自身のブログで「カメラをまわす前に自分も何回も聞きましたが『今メチャクチャ楽しいし未練もないから芸能界に戻らない』と、何度も言ってました」とまとめている。今回の動画出演も可愛がっていたmisonoのためを思ってのことで、「YouTuberデビュー」も当面ありそうにない。

 しかし、人情に厚い紳助さんのこと、「来るものは拒まずで、自分から声かけるのはおこがましいから」と、芸能人・著名人との交流は否定しておらず、テレビ出演はなくとも、例えば親交のあるカジサック(キングコング・梶原雄太)や、以前からリスペクトを語り続けている人気YouTuber・ヒカルらが熱意を持って訴え続ければ、YouTubeの動画に出演することはあり得そうにも思える。

 今回の動画を見ても、紳助さんのトーク力とご意見番としてのパワーは疑いようがない。「今が楽しい」と語っている本人の負担にならない限りで、またその姿を見られることを楽しみに待ちたいところだ。

向原康太

最終更新:1/14(火) 11:01
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ