ここから本文です

ビートたけし『紅白歌合戦』でみせた人格と、芸人魂に隠れた「泣きの一面」

1/14(火) 18:30配信

週刊女性PRIME

 史上最低の視聴率に終わった今回の『NHK紅白歌合戦』。だが、そのなかでも気を吐いた人がいる。歌手としては初出場となった、72歳のビートたけしだ。

【写真】『紅白歌合戦』で暗闇のなか仲間を思い歌うビートたけし

『浅草キッド』にかけた思い

 歌手別視聴率では、嵐(1位)や氷川きよし(2位)にこそ及ばなかったものの、石川さゆりや松任谷由実(同率7位)松田聖子(10位)の上をいく堂々の5位。もの珍しさもあったのだろうが、ネットでは「感動した」という声が目立った。自身の下積み時代を歌ったバラード『浅草キッド』が多くの視聴者の胸に響いたわけだ。

 歌唱前に流れたVTRでは、

「自分がある程度、売れたときに作った歌で、同じ時期に同じような生活をして、一緒にお酒を飲んだり騒いでいたのに、なんでこいつが落ち込んでいって、自分が売れていったかっていうことに関しては、すごいちょっと罪悪感あるよね」

 と、かつての仲間たちへの思いを吐露。この夜も前半には『紅白歌合戦』70回を祝うゲストとして登場し、芸人らしく笑いをとる仕事もしていた。それもあって「泣き」のたけしがより新鮮に感じられたのだろう。

 ただ、彼はもともと、情の深い人間だ。'86年のフライデー襲撃事件は、交際していた専門学校生をかばうためのものだったし、'91年に先輩芸人のなべおさみが替え玉受験事件を起こした際には、窮地に陥った息子をたけし軍団に引き取り、なべやかんとしてデビューさせている。

 そんな性格が育まれた背景についても、早くから世に知られていた。'85年のドラマ『たけしくん、ハイ!』(NHK総合)では、貧しくも家族愛にあふれた幼少時代が描かれ、翌年には続編も作られた。ちなみに、彼が『浅草キッド』を発表したのは、まさにこの時期('86年)である。

 しかし、毒舌で世に出た芸人にとって「実はいいひと」的なイメージが広まるのは諸刃の剣だ。それゆえ、彼は「泣き」の部分をなるべく出さず「笑い」に徹しようとしてきた。映画監督として国際的な評価を得てからも『足立区のたけし、世界の北野』(フジテレビ系)という主に下ネタ系の深夜番組をやったように、バランス感覚を大事にしたい人なのだ。

 そんなたけしだが今から26年前「泣き」を全開にした瞬間があった。'93年5月、関西の視聴率男と呼ばれたやしきたかじんがやっていた『たかじんnoばぁ~』(よみうりテレビ系)にゲスト出演したときのことだ。

1/3ページ

最終更新:1/14(火) 18:30
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事