ここから本文です

細木数子さんの素顔を娘が告白!「地獄に落ちるわよ!」は仮の姿?

1/14(火) 14:30配信

webマガジン mi-mollet

「地獄に落ちるわよ!」
「そんな女とは別れろ!」

手厳しいアドバイスで一斉を風靡し、六星占術を世に広めた占い師の細木数子さん。
2000年代前半にはテレビでも大活躍していましたが、最近は引退しているとのこと。というもの細木さんは2016年に姪のかおりさんと養子縁組し、現在、実娘となったかおりさんが六星占術の継承者として活動しているのです。
そんな細木かおりさんがこの度、書籍『母・細木数子から受け継いだ幸福論 あなたが幸せになれない理由』を発表。驚きの“細木数子流子育て”が明かされました。

細木数子さんの継承者、かおりさんが明かす「幸せになれない女性」の法則

小学校にベンツで乗り付け、かおりさんを出待ち

細木数子さんの妹の長女として生まれたかおりさん。最初は伯母と姪という関係でしたが、実母はシングルマザーで苦労していたこともあり、妹を心配した姉の細木さんが同居を持ちかけ、一時期は一緒に暮らしていたそうです。
子育てに関してもスパルタだった細木さんをほかの甥っ子や姪っ子は恐れていたそうですが、なぜかかおりさんだけは「ばあば」と言ってなついていたんだとか。

 「私は実母より“ばあば”に懐いていたんです。“ばあば”に遊んでもらうことがなによりの楽しみでした」

その後は別居してしまうものの、細木さんのかおりさんに対する愛情は変わることなく、仕事の合間を縫ってはベンツで小学校の前に駆けつけ、顔を見に来てくれたそう。
当時の細木さんといえば、超有名人。周囲から「細木数子が親戚なんてすごいね!」と言われることもあったそうですが、かおりさんにとっては自分を可愛がってくれるいつもの“ばあば”。周りが騒いでもピンとこなかったといいます。

そして、なにをおいてもかおりさんの幸せを願う細木さんは、なんとかおりさんが中学2年生の時、お見合いをセッティングしたのです……!

夫との出会いは中学3年生

ある日、細木さんと付き合いのある仕事関係の人たちとの会食の場に呼ばれたかおりさんは突然、細木さんからこう言われます。

「あなたはこういう仕事のできる男性と結婚しなさい!」

そうして14歳のかおりさんに紹介されたのは、29歳の男性でした。

「きっと“ばあば”は六星占術で相性のいい人を探して連れてきていたんだと思うけど、さすがに無理ですよ。その後も懲りずに“ばあば”は私に仕事のできる男性を見つけてきては、幾度となくお見合いを仕組んでいました」

そんな中高時代だったゆえ、「自分で結婚相手を選ぶことはできないんだろうな……」と、すっかり結婚に対して夢をもてなくなっていたそう。
しかし結局かおりさんは、細木さんが紹介した男性と結婚を決めるのです。

「夫と出会ったのは中学3年生のとき。ご夫婦で“ばあば”のところに相談に来ていた方の息子さんでした。その彼とは6歳も年齢が離れていたし、私はまったくピンと来てなくて。でもなぜか“ばあば”はのちに夫となるこの男性のことだけは、初めに会った時からその後4年間も毎年猛プッシュしてきたんですよ(笑)」

1/3ページ

最終更新:1/14(火) 14:30
webマガジン mi-mollet

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事