ここから本文です

17歳の美少女、ビアンカ・デヴィンズの短い生涯と拡散された死

1/14(火) 17:45配信

Rolling Stone Japan

17歳だった彼女は、喜び勇んで人生のスタートを切ろうとしていた そんな時、彼女の無残な姿の写真がInstagramに投稿された。

写真8点:17歳の美少女、ビアンカ・デヴィンズの短い生涯と拡散された死

Instagramでのビアンカ・デヴィンズは、ゴスロリプリンセス「escty」だった。ハート型の手錠やルイ・ヴィトンのロゴが入った銃、拘束され猿ぐつわをつけられたハロー・キティの傍らで、口をとがらせておすましする。あるいは、どこにでもいる普通の女の子「beegtfo」。クリスマスに妹とハグして写真を撮り、パステルカラーのバレッタをつけて、まだよちよち歩きの腹違いの妹を抱っこしている。また時には、若き闇の女王「oxiecontin」でもあった。とろんとした目で、擦りむいた膝を短いチェック柄のスカートからのぞかせ、足元にはコンバース。自分の周りで世界が崩れ落ちていく中、煙草をくゆらせやれやれといった感じで天を仰ぐ(「マジもうウンザリだし何もかもイライラするし病む 笑」とは、彼女自身の投稿だ)」。

Tumblrでは「switchblades」、4chanでは「Oxy」。Snapchatでは「virgovenus」、そしてDiscordでは「bia」だった。彼女に好意を寄せる人々からは「Bia」、または「Bee」と呼ばれていた。逆に反感を抱く人々からは(主に男性、あるいは赤の他人)eビッチ、ヤリマンBPD(境界性パーソナリティ障害)、roastie(インセル=過激派女性蔑視主義者の間で性的に旺盛な女性を指す俗語)などと呼ばれた。インターネット時代に生まれ育った彼女は、そうした誹謗中傷は慢性的に怒りを抱える人々の日常表現だから、さほど気にするものでもないと知っていた。「他の人からヤリマンBPDだのと呼ばれるとなんだか笑っちゃうし……そそられちゃう。あら失礼」と最近流行りの嫌味ジョークを添えて、匿名Q&AアプリTellonymにも書いている。

実生活での彼女は、2016年大統領選でトランプ候補を支持する看板を近所の家の庭から盗み、パークランド銃撃事件後の学生ストの準備に手を貸した。会ったこともない10代の女の子と何時間も精神疾患の相談に乗ったり、見知らぬ人の似顔絵を描いたりした。地学の授業で一緒だった肥満のいじめられっ子は、高校で自分に優しくしてくれたのは彼女だけだった、と後に語った。赤ちゃんに小猫、チョコレートファッジと『ブレックファスト・クラブ』、パステルカラーのウィッグを買って親友とコスプレ写真を撮るのが好きだった彼女。ただひとつ、どうしても自分のことだけは好きになれなかった。

彼女の本当の名前はビアンカ・ミシェル・デヴィンズ。世間はこの名を、あるまじき形で知ることになる。この世を去った時、彼女はまだ17歳だった。短い生涯の大半をより幸せなものに、あるいは少なくとも実際よりも活発で、風変りで、素晴らしくすることに捧げていた。

1/13ページ

最終更新:1/14(火) 17:45
Rolling Stone Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ