ここから本文です

【高校サッカー】“3軍”から全国屈指のDFへ 準Vの青森山田・箱崎拓が示した“這い上がる条件”

1/14(火) 11:33配信

THE ANSWER

入学当初はCチーム、守備の要として青森山田の準Vに貢献

 第98回全国高校サッカー選手権の決勝が13日、埼玉スタジアム2〇〇2で行われ、前回王者の青森山田(青森)は静岡学園(静岡)に2-3で敗れた。史上9校目の連覇はならなかったが、2年連続で決勝進出という快挙。強豪の守備を支えたのは、Cチームから這い上がった男だった。

【画像】夏のインハイでも女子マネが話題に! たった1人で部員55人を支えた桐光学園のマネージャー鈴木美南さん(制服姿)

 2点リードからまさかの逆転負け。静岡学園の勢いは、王者の守備力を上回ってきた。DF箱崎拓(3年)は「勝ちたかった。少しのスキというのがこのような結果につながってしまった。徹底したことの詰めの甘さが出てしまったかなと思う」とうなだれた。

 箱崎は昨年12月、世代最高峰リーグとされる高円宮杯U18プレミアリーグファイナルの名古屋グランパスU18戦での勝利に貢献し、MVPを獲得した実力者だ。だが、ここまで順風満帆な高校サッカー生活だったわけではない。青森山田には、A、B、C1、C2、C3など複数のカテゴリーがあり、Aチームの選手が“1軍”に当たる。入学後、実力を認められた選手が上位カテゴリーに引き抜かれる中、箱崎は6月のカテゴリー分けでC1に分類された。

「C2からのスタートだと思っていたので、C1に上がれたのはうれしかったけど、やってみたらもっと上に行きたいという意欲が出てきた。『自分はこのままではいけないんだ』とか、不安やもっとできるという思いがあった」

 180人を超える部員がいる青森山田で、CチームからAチームに昇格するのは、並大抵のことではない。今大会のスタメンでも、Cチームから這い上がったのは箱崎のみ。ベンチ入りメンバーでもMF得能草生(3年)を含め2人だけだった。箱崎は1年秋にBチームに昇格し、2年生で公式戦にも出場するようになったが、それはほとんどがCチームの試合。3年生になるまで「実質はCチームというので2年間」だったという。

3年でようやく初のAチーム、気づいた「周囲の大切さ」

「BチームからAチームに昇格して、スタメンを取るのが難しかった」と箱崎は振り返る。昇格のための道を貪欲に探った。「入学当初は誰にも勝てなかった」というヘディング練習は、今では自身のストロングポイントと思えるほど、居残り練習で強化した。Aチームが所属するプレミアリーグの試合も、間近で見て学んだ。

「どこからでも吸収し続けるのが重要。プレミアが一番いいお手本で、ホームでは一番近くで見られる。スタメンで出ている選手がどういうプレーをして、どう仲間を活気づけているか。お手本になるような選手が身近にいてくれたことが自分の成長につながったと思う」

 努力の末、3年生になって初めてAチームに昇格した。そこで気づいたのが、周囲の人を大切にすることだという。

「1年目は自分でも振り返ると、嫌な奴だったと思う(笑)。尖ってて、誰よりも上に行きたいという気持ちがあったから、チャンスがあったら自分が行くというのを示して、周りを蹴落とすじゃないけど、周りにそっけない対応をしてしまったりしていた。スタメンで出させてもらう立場になって気づいたのが、周りのサポートがないと自分では何もできないということ」

1/2ページ

最終更新:1/14(火) 11:41
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ