ここから本文です

ワイルダー、会見でド派手なKO宣言 因縁フューリーの「頭をもぎ取ってやる」

1/14(火) 21:03配信

THE ANSWER

2018年12月以来の再戦へ、両者が米ロサンゼルスで記者会見

 ボクシングのWBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)と元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)が、13日(同14日)に米ロサンゼルスで会見。2月22日に“世紀の再戦”を行う両者はさっそく舌戦を展開し、ワイルダーは「頭をもぎ取ってやる」と挑発を繰り出している。海外メディアが報じている。

【動画】「この虫けらが。待ってろよ!」と挑発! のどかなプールをバックに表情は…フューリーがワイルダーに送った動画の実際の投稿

 2018年12月の第1戦では引き分けに終わったヘビー級の頂上バトル。1か月後の本番へ向けて、はやる気持ちを抑えきれないようだ。

 英紙「デイリーメール」では「デオンタイ・ワイルダーが2月22日に行われる再戦に先立った会見で、タイソン・フューリーの頭を『もぎ取る』つもりであることを明かした」とし、両者が対峙した会見での様子をレポートしている。

「引き分けに終わった最初の戦いから1年以上、ひりつくような雰囲気の中で行われた記者会見で両者が向かい合った」と実際の会場のムードを伝え、さらにワイルダーの発言をクローズアップしている。

まずはワイルダーが先制“口撃”「対策なんて無駄だ」

「お前にパワーがあれば、それは仕方ないかもしれない。ただ、対策なんて無駄だ。最初の試合でこいつを脳しんとうさせたら、どうやってダウンすれば良いか、起き上がって良いか分かってなかったぜ」

 第1戦を振り返ってフューリーを早速挑発に出た。さらに「これはジャングルの王であるオレが終わらせる戦いだ。ノックアウトして、頭をもぎ取ってやる。そしてリングから引きずりおろす」と堂々のド派手なKOを宣言してみせた。

 34歳のワイルダーは42勝(41KO)1分け。31歳のフューリーは29勝(20KO)1分け。ともに第1戦でのドロー以外は全勝。完全決着が期待される一戦で、両者が火花を散らしている。

THE ANSWER編集部

最終更新:1/14(火) 21:03
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事