ここから本文です

ミルクボーイ、“クズ”を脱却し『めざましテレビ』プレゼンターに!「つらいときは僕らを見てください」<めざましプレゼンター連載>

1/14(火) 18:30配信

ザテレビジョン

「M-1グランプリ2019」で優勝を果たしたお笑いコンビ・ミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が、1月8日より「めざましテレビ」(毎週月~金曜朝5:25-8:00、フジテレビ系)に1月の“マンスリーエンタメプレゼンター”として出演中。

【写真を見る】軽部真一アナ、鈴木唯アナと共にコーナーを進行するミルクボーイ

1カ月間、週に1回番組に出演するマンスリーエンタメプレゼンターは、エンタメ担当の軽部真一アナウンサーと共に、MCの一人として生原稿読みなどに挑戦しながら情報を伝える役割を担う。

初回の放送でミルクボーイは、M-1優勝時のネタでも使われた「オカンが言うには」というフレーズを基に、もなかをはじめとした和素材スイーツなどを紹介。さらに、CM前の短い時間でのコメントや「めざましじゃんけん」など、スタッフが「初回からこれだけやった人はいない」と言うほど、多くのことをこなした。

しかし、「きょうのわんこ」を見て感想を述べた駒場が、「スベった…」と生放送中にこぼす場面も。

そんな彼らにインタビューを実施し、初回の放送や、M-1王者となった現在の状況について話を聞いた。

■ 初回で全部出しきったという感じです(笑)

――エンタメプレゼンターとしての初出演を終えていかがですか?

内海:なんとか終わったという感じです。

駒場:普段、「3秒でコメントしてください」と言われることもないので。今回はそんなのばっかりでした。

内海:でも、これはだいぶ勉強になりますよ。あのスピードでバンバン(コメントを)言えるようになったらすごいですよね。

駒場:お笑いでもかなり通用してくるというか。これを毎日やっているアナウンサーの方は恐ろしいですね。軽部さんがすごい速さでコメントしていて…、もう芸人より面白いんじゃないですか?(笑)

内海:普通に売れても「めざましテレビ」に1カ月出させていただくなんてなかなかないじゃないですか。M-1チャンピオンの特権といいますか。それで出させていただいているので、すごくいい経験になりますね。

――スタッフの方から「お二人はベテラン感があるから」と、かなりハードルが高い原稿読みや、とっさのコメントなどを任されていましたね。

駒場:番組のほとんどに出ていましたよね(笑)。「こんなに出させてもらえるんや」というくらい。

内海:本当に1コーナーだけだと思っていたので、あんなに出させてもらえるなんて思いませんでした。でも、テレビは今まで全然出ていなくて、2019年も、M-1が4回目のテレビ出演でしたから。

駒場:今回、番組で、年末から何本仕事をしたかというのをまとめてもらったんですよ。

――16日間で、88本という結果でしたね?

駒場:それ、今までの僕らの5年分ですよ。それくらいの量を2、3週間で。

内海:でも、テレビに関しては本当に赤ちゃんですので。当分バブバブ言って、急に泣いたりすることもあるかと思います。

駒場:皆さんに育ててもらっているところですね。でも、今週で僕らが持っているものは全部出しきったという感じです(笑)。

内海:全力で走ってしまいました(笑)。

駒場:「あと3週あるのにどうしよう」と、そればっかり考えています。あと3週、余韻で走れるかどうか見ものですね。

■ 芸人の仕事だけで過ごせるのが楽しい

――生放送中には、それぞれの時間内にコメントを収めていたのが印象的でした。それは漫才で鍛えられたのでしょうか?

内海:お正月の公演でもみんなにびっくりされたんですけど、持ち時間3分で漫才を4回やって、そのうち3回が3分ジャストでした。僕らにはそんな感覚はないんですけど。

駒場:練習で測っている時は、2分50秒とか、45秒とかでも、本番になったらぴったり合っているという。

内海:だから漫才で結構身に付いているんですかね。でも、この機会で6秒用のコメントとかがもっと上達するんじゃないかと思います。

駒場:本当に時間の大切さが分かりますよね。1秒の瞬発力というか。だいぶ経験値が上がっている感じがします。

――今回の出演に点数を付けるとしたら、何点ですか?

内海:意外とよかったですよね。

駒場:僕も結構よかったので…98点です。

内海:僕は、100に近い99ですね。

駒場:塙(宣之)さんの言い方。M-1の時の。

内海:本当に全部出し切りました。

駒場:僕らができることをすべてやらせてもらって。残りの2点は、「きょうのわんこ」でスベった分です。でも、あれはもっとウケてもよかったですよね(笑)。

内海:おそらく、(駒場は)ボディービルダーだということを、皆さんが忘れていたんじゃないですか。

駒場:でも、来週からどうなるかですよ。今日は、皆さんが迎え入れてくれて、お膳立てもばっちりでしたから。

内海:次からは、「2回目だから、もういろいろできるやろ」という感じになると思いますね。

――2回目以降も多忙な中での出演になると思いますが、朝早い時間からの生放送ということに不安などはありませんか?

内海:この3日間くらい、ずっと5時起きなんです。

駒場:逆に健康になっていってない?前までは夜ふかしをして、朝もダラダラしていましたけど、今は、朝にちゃんと起きて。

内海:夜も早く寝ようとしたり、ビタミンも取ったりして、体は元気なんですけどね。

――M-1後から、まだ休みがないんですよね?

駒場:でも全然嫌じゃないです。

内海:全然です。今までだいぶ休んできたので。

駒場:そうなんですよ。お休みだらけだったので。毎日、芸人の仕事だけで過ごせるのがすごく楽しいです。

内海:ずっとアルバイトをしていたので、それをしないでもよくなりましたし。でも、まだ一切お金が入ってきていないので、今、本当にお金がないんですよ。今月はあと1万円しかなくて。

駒場:今月、あと20日くらいあるよ。

内海:だからなんとかケータリングとかでやり過ごそうかなと(笑)。

■ オカンも見てくれています

――ちなみに、お母さまは、今日の「めざましテレビ」を見てくれていますか?

駒場:オカン、見てくれていますよ。出ている番組はぜんぶ見てくれて、録画もして。ラジオからテレビ、雑誌、新聞まで、全部ですね。

内海:駒場は、台本とか、紅白の楽屋の前に貼ってあった「ミルクボーイ様」と書いてある紙とかをオカンに送っているんですよ。あと、紅白で何か拾ってなかった?

駒場:紅白の花吹雪も拾いましたね。

内海:オカン、別にそれいらんって。

駒場:でもオカン、いると思うんで。

内海:今日も楽屋の前にあったよ、めざましテレビの紙。

駒場:それももらって帰っていいですか?

――内海さんのお母さまはいかがですか?

内海:見てくれたと思います。5時半にめざまし時計をセットしたと言っていたので。

駒場:(番組の)最初から、このあと出ますみたいなのを出してくれていましたもんね。

内海:そんなんでも映ったら喜んでもらえるよね。

駒場:あとは、大阪でいつもネタ合わせをしている喫茶店のママにきのう会って、ママも「見るよ」と言ってくれたので、いろんな人に見てもらえるのがうれしいです。

――今回、お二人はエンタメをプレゼンする役割ですが、何かご自身についてプレゼンしたいことはありますか?

駒場:漫才もエンタメですもんね。いにしえのエンタメ、最古のエンタメですよ。

内海:もっと他にあるやろ。だから、これを機に劇場に来て、生で漫才を見ていただけたら一番いいかもしれないですね。

本当に、M-1の後からファン層が広がりまして。タクシー運転手の70歳のおじいちゃんとか、80歳のおばあちゃんのファンができたり。ちょっと狙っているターゲットとは全然違うんですけど(笑)。

駒場:かと思ったら、5、6歳の子が、「コーンフレークや」と言ってきてくれたりとか。

内海:今、ネットとかテレビをあまり見れていないので、自分たちがどういう状況なのかというのは全然分からないんですけど、「こんなに知っていただいているんや」と。

駒場:そういうので確認できました。

■ クズからは「誰でも立ち直れる」

――お二人は、漫才をしていなかった期間が5年ほどあるなど、自分たちは“クズ”だというお話をラジオなどでされていましたね。年末年始の休暇明けでだらけてしまっている視聴者や読者に向けて、それを脱却するためのアドバイスをいただけますか?

内海:クズは起きてないでしょ、この時間。

駒場:絶対寝てます(笑)。

内海:結構、「めざましテレビ」の時間帯は早いですから、起きてこの番組を見て、規則正しい生活をするだけでいいと思います。クズ期間は、生活リズムがめちゃくちゃでしたから。

駒場:朝に帰って来て、昼まで寝てとかだったので。最悪、僕らもクズ期間が5年あったので、すぐに戻れなくても5年たてば戻りますので。

内海:耐えてください。

でも、みんな分かっているんですよ。その時期、自分がダメだということは。でも、何か一つのきっかけで変わると思うので。僕らが立ち直れたので、誰でもできますよ。

駒場:つらいときは僕らを見てください。こいつらも立ち直ったんやなと。

内海:だから、そういう時期のことも包み隠さずやっていこうという感じでやっているんです。でも、本当に誰でも立ち直れますし。

駒場:誰でもめざましテレビに出られます。

内海:出られると思ってなかったよな。

駒場:僕らが出られたんやから、皆さんも頑張れば絶対大丈夫です。

――最後に、残り3回のプレゼンターとしての出演に向けて、意気込みをお願いします。

駒場:「きょうのわんこ」のあとのコメントで、爆笑を巻き起こします!…絶対無理や。

内海:わんこによるやろ(笑)。

駒場:おじいちゃんわんことかだったら絶対無理やな。短い時間で的確なことを言えるように、残り3週頑張ります。

内海:あとは、皆さんと仲良くといいますか、永島(優美)アナも「イジっていいよ」と言ってくださるんですけど、何でも喋れるようになりたいですね。僕らもイジっていただいても大丈夫ですので。一カ月だけですけれども、めざましファミリーになれるように頑張りたいと思います。

※ミルクボーイの今後の出演は、1月15日(水)、22日(水)、28日(火)予定(ザテレビジョン)

最終更新:1/14(火) 18:30
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事