ここから本文です

<ケイジとケンジ>桐谷健太、作品に手応え「熱いドラマを一生懸命作りました」

1/14(火) 19:08配信

ザテレビジョン

1月16日(木)にスタートする桐谷健太、東出昌大のW主演「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系※初回は夜9:00-10:09)の完成披露試写会とトークイベントが、1月14日(火)、都内で行われた。

【写真を見る】ドキッとしてしまうほどの強いまなざしを向ける今田美桜

同ドラマは、福田靖氏が脚本を手掛ける完全オリジナルストーリー。桐谷演じる元体育教師という異色の刑事・仲井戸豪太と、東出演じる東大卒の頭でっかちな超エリート検事・真島修平が、“個々の正義感”をたぎらせながら数々の事件に立ち向かう姿を描く。

今回のイベントでは、主演を務める桐谷、東出の他、比嘉愛未、磯村勇斗、今田美桜、柳葉敏郎、風間杜夫、福田氏が登壇。会場に駆け付けたファンに手を振りながら登場する桐谷らに、割れんばかりの大きな拍手が送られた。

司会の堂真理子アナウンサーから完成した映像についての感想を聞かれた桐谷は、「朝早くからお越しいただきありがとうございます。熱いドラマを一生懸命作りました。今日は短い時間ですが楽しんでいってください!

キャスト、スタッフ一同が一丸となって最高の作品を作るために全身全霊で撮影に臨んでいます。

その思いが画面を通して皆さんにも伝わったらうれしいです。僕も完成した映像を昨日見たばかりで、今後の展開がどうなっていくのかすごく楽しみです」と熱くコメント。

一方東出は「昨日1日撮影した後、昨晩帰ってから見たのですが、夜中興奮してしまい、キャストとプロデューサーに長文のメッセージを送りました」と告白。

「自分の出ている作品を手放しで、褒めるというのは普段はちょっと気持ちが悪いと思っていました。けれど、今回は作品を見た時に、『あぁ、面白いな』と素直に感じることができました。

話数を重ねるごとに、キャラクターも進化していくと思うので楽しみにしていてください」と明かした。

■ テンポのいい桐谷と風間の掛け合い

撮影現場の様子について比嘉は、「劇中では豪太と修平は会うたびににらみ合って、言い争うことが多く犬猿の仲なんですけど、休憩中のお2人ははずっとお話をされています。

本番ギリギリまでしゃべっていますよね。撮影と休憩との切り替えがすごいなといつも感心しています」と話す。

比嘉の話を聞き、東出は「桐谷さんと僕が『こういうふうにしませんか?』『俺はこうする!』といった熱のある意見を出し合っている姿は比嘉さんから見たら相当格好よく映っているのだろうなと思っていました!」と自身が演じる修平と重なるおちゃめな一面を見せた。

桐谷演じる豪太の上司・大貫役の風間は「僕の役である所長は『太陽にほえろ!』の石原裕次郎さんのようなイメージだと思って見てください」と話せば、桐谷はすかさず「もう皆さん、ご覧になった後なので…(笑)」と的確なツッコミを入れ、風間は「あ、もう見ているんだ。じゃあ僕の役がどんな感じかもバレていたんだね!」と掛け合い漫才のようなテンポのいいトークを展開。

また、「豪太のような部下が現実にいたら?」という質問に風間は、「実際にいたらうっとうしいですよね。熱量があって事件にひたむきに向き合う姿はすごくいいけれど、正直部下だったら嫌だよね(笑)」と冗談交じりに告白。

桐谷は「え、ちょっと待ってくださいよ!(笑)。褒めてくださるのはうれしいですけど…うっとうしいって…えー」と苦笑いを浮かべた。

東出の上司・樫村役の柳葉は、「(修平は)一生懸命でいいですよね。伸びしろがありますし、上司としては楽しみです。あくまでも“役柄の上では”ですけど…プライベートは分からないです」と明かし、会場からは笑いが起こった。

■ 桐谷「勇斗が物まねする豪太を物まねするようになった」

磯村は、撮影中のエピソードについて「僕は豪太さんの所属する刑事課での撮影が多く、第1話で目黒(磯村)が豪太の物まねをするシーンがあるのですが、段取りの時に自分なりの豪太をやってもしっくりこなかったんです。

桐谷さんに相談したら『こうやるんだよ!腹から突き上げるような声を出して』という細かなアドバイスをもらいました」と語った。

桐谷は、「僕はだんだん、勇斗が物まねする豪太を物まねするようになりました。勇斗合わせになっていましたね!僕も物まねのシーンがすごく好きです。勇斗は耳がいいのですぐ習得できたのだと思います」という秘話を明かした。

刑事課の紅一点であるひかるを演じる今田は、「皆さん、本当に仲がよくて女性一人というのを忘れてしまう程、楽しく撮影させていただいています。

刑事課の撮影の合間に、みんなで中華に行って、桐谷さんにごちそうになりました。そんなこともあり、和気あいあいと楽しく撮影できています!」と笑みを浮かべた。

最後に、東出は「日夜、全力で撮影しています。寒い時期に温かいものをお届けできればと思っています。3月いっぱいまで楽しんでください。本日はありがとうございました」。

桐谷は「何度も言いますが、スタッフ、キャスト全員、全身全霊、全力で最高の作品作りに心を投じています。どんどんキャラクターが魅力的になっていくと思います。

僕たちは木曜9時からの1時間だけでも日本の犯罪率を減らします!お力添えお願いします」とイベントを締めくくった。(ザテレビジョン)

最終更新:1/14(火) 19:08
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ