ここから本文です

森保J、繰り返された2年前の“悲劇” 東京五輪に向けて指揮官は意思統一から徹底を

1/14(火) 19:31配信

Football ZONE web

2連敗で史上初めて決勝トーナメント進出を逃す サウジアラビア戦はパスミスから失点

 森保一監督率いるU-23日本代表は12日、タイで開催されているU-23アジア選手権のグループリーグ敗退が決定した。第2戦シリア戦は1-2で敗戦。第1戦のサウジアラビア戦(1-2)に続いて2連敗となり、同大会史上初めて決勝トーナメントに進出できなかった。同世代がU-21日本代表として臨んだ前回大会はベスト8。あれから2年。“悲劇”は繰り返されていた。

【動画】史上初のグループリーグ敗退の屈辱…U-23アジア選手権「日本×シリア」(1-2)ハイライト

 バンコクの夜空にシリアの歓喜の声が響き渡る横で、日本の選手は膝をついた。初戦のサウジアラビア戦に続いて終盤に失点を許し、屈辱的な2連敗でグループリーグ敗退が決定した。

 敗れれば敗退が決まる崖っぷちで迎えたシリア戦では、序盤からいきなり苦境に立たされた。前半5分でVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定によりPKを献上し、同9分に先制点を許した。同30分にはMF相馬勇紀(名古屋グランパス)が、ミドルシュートを決めて同点に追いつくも、試合終盤にカウンターを受け、失点。ショッキングなGL敗退となった。

 このシリア戦よりもフォーカスしたいのが初戦のサウジアラビア戦(9日)。相手は東京五輪の出場権を懸けており、本気で向かってくる。どんな公式大会でも初戦は難しく、東京五輪イヤーの初陣であることからかたくなることは分かる。それでも、起こってはいけないミスが起きてしまった。

 1-1の試合終盤、3バックの左を務めるDF古賀太陽(柏レイソル)がバックパス。中央のDF岡崎慎(清水エスパルス)に向けて出したパスは大きくずれた。GK大迫敬介(サンフレッチェ広島)も判断できない状況で相手にかっさらわれ、ペナルティーエリア内で岡崎が相手を倒してしまいPKを献上。これを決められて、勝ち越しを許した。

 この致命的なミスはなぜ起こったのか。出した本人の古賀は「僕としてはマコ(岡崎)に出したつもりだったけど、明らかにずれてしまった」と言い、岡崎は「自分的には太陽からサコ(大迫)に目が合っていると思っていた。パススピードが緩かったので自分かなと思ったけど、球筋が大迫選手のほうだった」と認識の違いがあったことを認めた。大迫は「太陽君のパスはマコくん(岡崎)だと思って、僕はマコくんから受けようと思って少し下がって時間を作ろうと思った」と3人の連係がかみ合わなかった。

1/2ページ

最終更新:1/14(火) 19:31
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事