ここから本文です

イブラヒモビッチの後釜はチチャリートか。ロサンゼルス・ギャラクシーが興味示す

1/14(火) 7:40配信

フットボールチャンネル

 MLS(メジャーリーグサッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーはセビージャに所属するメキシコ代表FWハビエル・エルナンデス(チチャリート)に興味を持っているようだ。英メディア『スカイ・スポーツ』が報じている。

 同メディアでは、ロサンゼルス・ギャラクシーは昨季終了後にクラブを退団したFWズラタン・イブラヒモビッチの代役にチチャリートの確保を狙っていると伝えている。

 今季からセビージャでプレーしているチチャリートはリーグ戦9試合の出場で1得点のみと結果を残せずにいる。なお、2022年までセビージャとの契約を残すチチャリートに対しロサンゼルス・ギャラクシーは800万ユーロ(約9億6000万円)の移籍金を支払う用意をしている模様だ。

 マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリーといったビッグクラブでのプレー経験を持っている31歳のストライカーはイブラヒモビッチの後釜になるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:1/14(火) 7:40
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ