ここから本文です

NHKドキュメンタリー「欲望の資本主義」で再注目の宇沢弘文氏の思想――「経済は人間のためにある」

1/14(火) 18:30配信

デイリー新潮

 1月3日放送のNHK-BS1スペシャル「欲望の資本主義2020 日本・不確実性への挑戦」で紹介されたことで、6年前に亡くなった経済学の巨人、宇沢弘文氏に再び注目が集まっている。

 番組を締めくくる終章のパートで、経済学者のジョセフ・スティグリッツ氏が「30~40年後にどんな経済や社会を実現したいか――日本には非常に偉大な知性がいましたよね。私の先生の宇沢弘文氏です」と名前を挙げて語ったのだ。宇沢氏はいち早くアメリカ式の資本主義の限界を予見していた、とも。

 スティグリッツ氏といえば、2001年のノーベル経済学賞受賞者。その彼に「非常に偉大な知性」とまでに言わしめた宇沢氏の思想とはいかなるものか。核となるのは、番組でも紹介されていた「社会的共通資本」という考え方である。

 最晩年の宇沢氏へのインタビューや講演をもとにした『人間の経済』の序章には、その考え方がやさしい言葉で書かれている。加えて昭和天皇やローマ法王との貴重なエピソードも語られた「序 社会的共通資本と人間の心」を同書から全文引用しよう。

 ***

昭和天皇のお言葉

 人間は心があってはじめて存在するし、心があるからこそ社会が動いていきます。ところが経済学においては、人間の心というものは考えてはいけない、とされてきました。マルクス経済学にしても人間は労働者と資本家という具合に階級的にとらえるだけで、一人ひとりに心がある、とは考えません。また新古典派経済学においても、人間は計算だけをする存在であって、同じように心を持たないものとしてとらえている。経済現象のあいだにある経済の鉄則、その運動法則を考えるとき、そこに人間の心の問題を持ちこむことは、いわばタブーだったわけです。

 次のようなことを記憶しています。1983年、私が文化功労者に選ばれたときのことでした。顕彰式が終わったあと、宮中で昭和天皇がお茶をくださることになり、じつはそれまで私は天皇制に批判的な考えをもっていたので、違和感を抱えたまま席にのぞみました。

 昭和天皇を囲んで一人ひとりが、それぞれ自分が何をしてきたかを話し、ときおり天皇がそれにお答えになります。昭和天皇は思いのほか親しみのある気さくな話しぶりでしたが、私は自分の順番がきたときにはすっかりあがってしまい、ケインズのここがおかしいだの、新古典派の理論がどうだとか、社会的共通資本とは何か、などと懸命にしゃべりたてました。しかし、われながら支離滅裂なのがわかって混乱していたところ、昭和天皇が話をさえぎって、こうおっしゃったのです。

「君! 君は経済、経済というが、つまり人間の心が大事だと、そういいたいのだね」

 心の中をピタリといいあてられたようで、私自身、ハッとしたものでした。

 それから四半世紀にわたって社会的共通資本の考え方、人間の心を大事にする経済学の研究をすすめてこられたのは、あのときの昭和天皇のお言葉に勇気づけられたからでもありました。

1/3ページ

最終更新:1/14(火) 18:30
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ