ここから本文です

【広島2020予想投手スタッフ】経験を積んだ若手先発右腕がどこまで成長するか

1/15(水) 11:01配信

週刊ベースボールONLINE

【広島2020予想投手スタッフ】
■先発
 大瀬良大地
△K.ジョンソン
△床田寛樹
 九里亜蓮
 野村祐輔
 森下暢仁◎
 遠藤淳志
 アドゥワ誠
 山口翔

【広島2020年予想オーダー】新外国人のピレラがどこにハマるか?

■中継ぎ
 菊池保則
 岡田明丈
 島内颯太郎
△中村恭平
△塹江敦哉
 D.ジョンソン
 スコット

■抑え
△フランスア

※△は左投げ、◎は新加入

 今季のルーキーで即戦力No.1と言われる森下暢仁が入団、さらに、昨季リリーフで実績を残した遠藤淳志の先発転向で、先発陣は充実の布陣になりそうだ。昨季、先発ローテーションを形成した大瀬良大地、K.ジョンソン、床田寛樹、九里亜蓮、野村祐輔と合わせて7枚となり、故障や不調の投手をファームで再調整させながら戦える形が整う。このほかにも、昨季先発勝利を挙げているアドゥワ誠、山口翔がおり、層は厚い。

 リリーフ陣は、150キロ級のストレートを持つD.ジョンソンとスコットの両新外国人右腕を補強。フランスアを加えた3人の中から選び出された2人が8回、9回を受け持つ形が濃厚。その前の中継ぎには、右腕では岡田明丈と島内颯太郎、左腕では中村恭平と塹江敦哉と、三振の取れるパワーピッチャーを並べ、そこに昨季実績を残した菊池保則を加えて、勝利の方程式を形成していく方針。中崎翔太や一岡竜司の復活があれば鬼に金棒だ。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:1/15(水) 13:09
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ