ここから本文です

10分以下の運動では意味がない?よくある運動習慣7つの誤解

1/15(水) 20:01配信

ライフハッカー[日本版]

健康に関する常識は変化が早いので、うっかり一昔前の「事実」を信じたままになっていることもあります。

誤った認識に基づいた生活を忠実に続けて不利益を被らないためにも、定期的に健康に関する認識をアップデートする必要がありそうです。

信頼性の観点から、ひとまず公的機関のまとめた情報(厚生労働省による『健康づくりのための身体活動基準2013』など)を軸に据えておくのが賢明でしょう。

そこで今回は、『アメリカ人のための身体活動ガイドライン第2版』(疾病予防と健康促進局(ODPHP)が発行)の内容をもとにしたThe Conversationの記事から、運動習慣について誤解されがちな7項目をご紹介していきます。

1.立ちっぱなしに、健康増進の効果はない

スタンディングデスクは、仕事の生産性に影響はあっても、健康増進には期待できない…という説もありますが、立っていることにまったく意味がないわけではありません。

『アメリカ人のための身体活動ガイドライン第2版』には“立位は低エネルギー消費活動だが、健康への影響は座りっぱなしとは異なる”(P.21)と記載されています。

立っている状態はお尻に根っこが生えた状態よりも、歩いたり座ったり、その場で足踏みしたり…といった動きにつなげやすいですよね。

研究からは座りっぱなし時間が長い方は定期的に立ち上がることで、心血管疾患リスクを下げられることがわかっています。

スタンディングデスクをご利用の方も、立ちっぱなしではなく30分ごとに2分歩くなどして、身体活動量を増やすことを意識してみましょう。

2.運動は10分以上続けて行わないと効果がない

かつては連続10分以上の運動、あるいは20分以上の有酸素運動なんかが健康増進に必須といわれていましたが、最近では運動は細切れでも健康上のメリットがあることが常識になってきています。

生活のなかで行う買い物や家事などで、重たい荷物を持つなど、わざと負荷を高めることを画策してみましょう。できれば階段を登るような、息がはずむくらいの強度の運動を2分半ほど、1日3~5個取り入れるのがよいようです。

余力のある方は、中程度の運動強度のものを週に150分行うことで、より健康上のメリットが得られます。以前の記事で具体的な運動メニューもご紹介していますので、こちらも参考にしてみてください。

1/2ページ

最終更新:1/15(水) 20:01
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事