ここから本文です

NGな食べ合わせ、ハムカツとトンカツソースで発がん性?

1/15(水) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 食事でよく見かける、“あの組み合わせ”で健康リスクにつながることも…。お馴染みの食べ合わせには実は “大きな落とし穴”が潜んでいることも。せっかくバランスのいい食事を心がけても、栄養素の吸収を阻害したり、健康を害するかも。知っておきたい食べ合わせNGの組み合わせを紹介する。

※監修/白澤卓二さん(白澤抗加齢医学研究所所長、医学博士)

◆玉ねぎ×アルコール全般

胃酸の分泌を促進するアルコールの作用に加えて、生玉ねぎから発生する硫黄物質が胸焼けを引き起こし、逆流性食道炎のリスクを高めてしまう。

◆ビール×レバー

アルコールの作用で肝機能が低下しているところにレバーを大量に摂取すると、鉄分が過剰に吸収されてしまう。鉄分の過剰摂取により、脂肪肝、肥満、肝硬変などのリスクも高まる。

◆ハムカツ×とんかつソース

ハムの発色剤として多く使われている亜硫酸塩と、ソースに含まれる合成保存料・パラオキシ安息香酸エステルが体内で結合すると、発がん性物質が生じる恐れがある。

◆イクラ×生ほたて

イクラに含まれるビタミンB1は、血流を促して脳を活発に働かせる作用があるが、生ほたてに含まれる酵素・チアミナーゼがビタミンB1を破壊。ほたてを加熱すれば問題ない。

◆わかめ×ねぎ×豆腐

ねぎに含まれる硫化アリルとシュウ酸が、豆腐とわかめに含まれるカルシウムの吸収を阻害し、骨粗しょう症リスクを上げる。豆腐とわかめの組み合わせなら◎。

◆焼き魚×漬物

魚を焼くと発生するたんぱく質のジメチルアミンと、漬物に含まれる亜硝酸塩が交わると、ニトロソアミンという発がん性物質を生じさせる恐れがある。

※女性セブン2020年1月16・23日号

最終更新:1/15(水) 7:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ