ここから本文です

サボった分の罪悪感ゼロ。気持ちがラクになる掃除のコツ

1/15(水) 20:32配信

ESSE-online

年も明け、何かと忙しくなってくると、ずるずると掃除を後回しにしてしまうこともありますよね。せっかく年末に掃除をしたのに、あっというまに汚れがたまった状態を見て、自分を責めてしまうことも。

古タオル1本でホコリがたまらない!「ぐろ掃除」って何?

家事関連の書籍を多数執筆している一田憲子さんは、忙しくて家事がほったらかしになっても、自分を責めません。それは掃除をサボったときのリカバリー方法をわかっているからなのだそう。詳しく伺いました。

掃除をサボってしまったときのために、リカバリー方法を見つけておく

取り返しがつかなくなる前にと、ラクに日々できる掃除をルーティンに決めていても、それすらできないときや、やりたくないときもあります。

「1週間ぐらい見て見ぬふりをしていると、サボッた分が目についてくるんですよね。とくにキッチンや浴室などの水回りは明らか。そんなときに役立つリカバリー方法を見つけておくと、なかったことにしてくれるので助かります。できるときにやる、それでいいじゃないですか」

●こびりついてしまった汚れはアルコールスプレーで除去

こまめな掃除ができず、こびりついてしまった汚れには、消毒用エタノールで対応しています。揮発性が高いので二度ぶきいらずで手軽。使用時は火気に近づけないように注意しましょう。
「スプレーボトルに入っているので、シュッとひと吹きしてふくだけです」

●カビはゴムつきブラシでサッとこする

お風呂掃除で手を抜くと、床や壁に点々と黒いカビが発生することも。
「見つけたらこのブラシで対策。ブラシ部分がゴムでコーティングされていて、洗剤なしでもゴシゴシこするだけできれいに落とせます」

●シンクに丸ごとつけ置き洗いで汚れを一掃する

水きりカゴについた水アカや、ガスレンジの五徳の焦げつきなどのガンコ汚れに効果を発揮するのがつけ置き洗い。シンクの排水口にフタをして熱湯をはり、過炭酸ナトリウムを大さじ1程度溶かした中につけ込みます。
「お湯が冷めたら水洗いすればピカピカです」

手間を先取りする「予防家事」を取り入れる

一田さんが、家事のリカバリー方法と併せて実践しているのが、やらずにすませる「予防家事」。汚れないための先回りで、ラクにきれいを保てます。

「汚れはついてから落とす手間より、つかないようにする方がずっと簡単。ふきんをきれいに洗ったり、冷蔵庫の中の汚れをふき取るのって、おっくうじゃないですか? そういった面倒なことをしないためのひと手間が予防家事なんです」

1/2ページ

最終更新:1/15(水) 20:32
ESSE-online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事