ここから本文です

ヘンリー王子の「引退」に前例? 80年前の英国王「王冠を賭けた恋」

1/15(水) 7:12配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

英国王エドワード8世は、既婚者の米国人女性に恋をし、退位を選んだ

 そのインスタグラムは世界を驚愕させた。微笑みを浮かべる英国のサセックス公爵夫妻ことヘンリー王子とメーガン妃の写真には、彼らが公務から退くという電撃発表が添えられていた。

ギャラリー:4万年で「イギリス人」の顔はこんなに変わっていた 写真7点

 王室から広がった波紋に、もう1つの騒動を思い出す人々もいる。1930年代の英王室を揺るがした「王冠を賭けた恋」だ。英国王エドワード8世は、社交界の花形だった米国人女性ウォリス・シンプソンと結婚するため、1936年に退位を決断した。

 どちらも、現状に不満を抱く王族と離婚歴のある米国人女性の恋という共通点はあるものの、2つの事件は見た目ほどは似ていない。

道ならぬ恋

 1930年代初頭に未来の英国王がチャーミングな米国人女性に恋をしたとき、それはプレイボーイだった王子による、数多くの情事の1つにすぎないように見えた。しかし、1936年1月に王子がエドワード8世として即位すると、彼が既婚者であるシンプソン夫人と結婚したがっていることが明白になった。

 二人の結婚への道は、個人的にも政治的にも障害だらけだった。英国王であるエドワードは英国国教会の最高権威者であり、既婚者のシンプソン夫人を離婚させて結婚することは、離婚歴のある者が前の配偶者の存命中に再婚することを禁じる教会の定めに反していたからだ。

 王としてのエドワードは、国民の激しい怒りに直面した。国民の多くはシンプソン夫人を、自分たちの王を罠にかけた、金目当ての「堕落した女」と見ていた。内閣の中にも、シンプソン夫人を嫌い、彼女が王を性的にコントロールしているのではないかと疑って、王の結婚に強硬に反対する者がいた。王は政府による捜査と盗聴も受け、シンプソン夫人はアドルフ・ヒトラーの外交特使ヨアヒム・フォン・リッベントロップの恋人であるとする噂にも悩まされた。

 その結果、憲政の危機が生じ、王は難しいパズルを解かなければならなくなった。エドワードは「貴賎結婚(morganatic marriage:高貴な身分の男性と身分の低い女性との結婚。この結婚により生まれた子どもは父親の領地も世襲の地位も相続できない)」ではどうかと提案したが、首相と他の閣僚のほとんどが反対した。こうして王は1936年12月10日に退位した。彼はシンプソン夫人とフランスに渡り、翌年、2度目の離婚が決まった彼女と結婚した。

 エドワード8世の退位は君主制の概念を揺るがし、人々のシンプソン夫人への好奇心を激しく燃え上がらせた。『タイム』誌は1936年に初の「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」を発表したが、それはシンプソン夫人だった。新聞も雑誌も彼女の動きを事細かに報道し、彼女の生活のきわめて個人的な詳細について憶測をたくましくした。

 例えば、ニューヨークの新聞『ザ・サン』は、上半身裸のエドワードと水着姿のシンプソン夫人がカンヌで水遊びをする姿をとらえたパパラッチ写真を添え、「40歳以降の妊娠はまれ」という見出しの記事で、シンプソン夫人の妊娠の可能性について、医学の専門家の意見まで聞いていた。

1/2ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ