ここから本文です

ナンパや合コンで出会う率が高い都道府県はあのエリア!日本全国“デートのキッカケ”大調査

1/15(水) 8:04配信

Suits-woman.jp

恋人ナシの人が言いがちなセリフに「出会いがない」というものがあります。みんなどこで出会っているの?出会いがないのは私だけ?そんな気持ちを持っている人へ、今回はスナップレイスが日本全国47都道府県の男女約3000人を対象に行なった、「デートに発展する出会いのきっかけ」に関する調査をご紹介します。皆さん、どんな出会いをきっかけにデートをしているのでしょうか?

出会いの方法は「職場・学校」が圧倒も、残り6割はそれ以外の出会いに!

まず調査したのは、日本全国を対象にしたデートのきっかけについて。多い順にグラフ化したものは左の通りとなっております。

圧倒的に多いのは「職場・学校」(36.9%)で、実に3人に1人が該当しています。つまり自分が普段から身を置いている場所で出会うパターンですが、おそらく「出会いがない」と感じる人は、その環境のことを言っているのではないでしょうか?例えば女子しかいない職場や学校であれば出会いがないといえるでしょうし、男性がいても既婚者ばかりといったケースもあるでしょう。また恋愛対象となる人がいたとしても、ピンとこないこともありえます。

しかし職場や学校での出会いが3人に1人とはいえ、残りの6割以上は別の場所で出会っているわけです。2位以下を見ると「友人・知人の紹介」「マッチングアプリ」「合コン」と続きます。友人や知人の紹介や合コンはセッティングする知り合いによるところが大きい出会い方ですが、「マッチングアプリ」は基本スマホさえあれば誰でも参加できる方法です。自分の身近で出会いがないと感じる人は、こういったそれ以外の方向での出会いを模索するべきでしょう。

職場・学校と同じくらいナンパで出会う県とは?

さらに同調査では日本全国の出会いのきっかけについて、都道府県別に分析。各県で「学校・職場」をはじめとする代表的なものに対し、もっとも多く選択した都道府県のトップ3をそれぞれ紹介しています。

まず「職場・学校」での出会いの割合が全国で一番多かったのは「奈良県」で、その割合はなんと70%と驚異的数字に!それ以外の出会いでは、合コンでの出会いが多いのは「群馬県」(19%)、ナンパでの出会いが多いのは「熊本県」(18%)、マッチングアプリでの出会いが多いのは「滋賀県」(21%)、SNSでの出会いが多いのは「京都府」(15%)、習い事での出会いが多いのは「沖縄県」(5%)となっています。ちなみにナンパ率が高い熊本県は、職場・学校で出会った割合が18%と全国最下位。ワースト2は合コン率の高い群馬県で19%でした。

都道府県が違えば、出会いの特徴も大きく違います。特に群馬県や熊本県では、定番の職場・学校恋愛と同じくらいナンパや合コンが出会いの場となっているのです。もし身近な環境でいい人がいないと嘆いている人は、ぜひそれ以外の方向に目を向けてみてはいかがでしょうか?


【調査概要】調査主体:合同会社SNAPLACE 調査対象:日本全国47都道府県に在住の10代~60代男女 調査数:約3,000人

最終更新:1/15(水) 8:04
Suits-woman.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ