ここから本文です

BMW M4クーペの750台世界限定モデル「M4 エディション・ヘリテージ」が日本へ30台上陸!

1/15(水) 19:30配信

Webモーターマガジン

BMW Mのストライプが織り込まれたカーボンルーフを採用

2020年1月15日、BMWジャパンは、 M4コンペティション (Competition)をベースに開発された世界限定モデル「BMW M4 エディション・ヘリテージ(Edition Heritage)」を日本国内30台限定で販売することを明らかにした。これは世界750台限定という希少モデル、1月15日より全国のBMW正規ディーラーで販売を開始する。

【写真】特別装備の詳細や3色のボディカラーなどを見る(全10枚)

特別限定モデル「M4 エディション・ヘリテージ」は、M4コンペティション(クーペ・M DCT仕様)をベースにMの伝統を盛り込んだ専用装備を採用したスペシャルモデルで、ボディカラーはアメリカのラグナ・セカ サーキットをイメージした「ラグナ・セカ ブルー」、深みのあるビロード生地のような「ベルベット・ブルー」、イタリアのイモラ・サーキットをイメージした「イモラ・レッド」の3色をラインアップする。

内装色は外装色「ラグナ・セカ ブルー」にターコイズのステッチが施されたホワイトグレーの「シルバーストーン」とブラックのツートン、外装色「ベルベット・ブルー」はオレンジバイカラーのステッチが施されたシルバーストーンとブラックのツートン、外装色「イモラ・レッド」にはイエローバイカラーステッチが施されたレッドとブラックのツートンを採用、シートは外装色に合わせてコーディネートされたメリノレザー素材となる。

「M4 エディション・ヘリテージ」に共通する特別装備としては、専用色のオービット・グレーに塗装された20インチMライトアロイホイール(スタイル666M)や、3色のストライプが織り込まれた専用Mストライプ入りカーボンルーフ、カーボンインテリアが採用されている。また、インテリアやドアシルに盛り込まれた「M Heritage」のロゴが浮かび上がるロゴ&イルミネーションも限定モデルらしい装備となっている。

販売台数は「ラグナ・セカ・ブルー」15台、「ベルベット・ブルー」10台、「イモラ・レッド」5台の合計30台限定。車両価格は1545万円(ベース車となるM4コンペティション DCT仕様の車両価格は1332万円)で、全車右ハンドルとなる。

ちなみに、ベースとなったM4コンペティションは最高出力450psまで高められた3L直列6気筒ツインターボエンジンを搭載、エンジンパフォーマンスの向上に対応し、ダンパーおよびスタビライザーの特性をMモデル専用に調整したアダプティブMサスペンションやロ電子制御式多板クラッチによりパワーを左右リアホイールに配分するアクティブMディファレンシャルやDSCにも専用のチューニングを施しており、トラクション性能をさらに向上させている。

Webモーターマガジン

最終更新:1/15(水) 19:30
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事