ここから本文です

「完璧すぎる!」「伝説的なキックだ!」“ショータイム“の三角蹴りに再脚光!UFC公式は「決して色褪せない」とひと言

1/15(水) 19:21配信

THE DIGEST

UFC公式ツイッターが公開した動画が話題を呼んでいる。登場人物は、アンソニー・ペティスとベン・ヘンダーソン。2010年12月16日に行なわれたWEC世界ライト級タイトルマッチのあのシーンだ。

【動画】「決して色褪せない」伝説的な一撃!必見の“ショータイムキック“はこちら

 WEC最後の興行となったWEC 53の一戦で、王者に挑んだ”ショータイム”ことペティスが、最終5ラウンドに観衆の度肝を抜く美技を魅せた。おもむろに相手との距離を詰めたアメリカ人ファイターは、一度ジャンプして金網を蹴り、その反動を利用して顔面にハイキックを見舞ったのだ。

 当時の実況も「こんなの見たことない。まるで映画の世界、ニンジャのようだ!」と大興奮の一撃でダウンを奪ったペティスは、3-0の判定勝ちでWEC王座獲得に成功。この伝説の映像に、UFC公式ツイッターが「決して色褪せない」とひと言を添えて投稿すると、ファンから「完璧すぎる!」「伝説的なキックだ!」「UFCの歴史の中で最も語られているキックのひとつ」と称賛の声が相次いだ。

 およそ10年が経っても「色褪せない」鮮烈なインパクトを残したペティスは、19日に行なわれるUFC 246で、カルロス・ディエゴ・フェレイラと対戦する。32歳のペティス、34歳のフェレイラ。ベテラン同士の味のあるファイトに期待したい。

構成●THE DIGEST編集部

最終更新:1/15(水) 19:21
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ