ここから本文です

フラフラになっても寝てくれないわが子…ねかしつけの秘訣は?

1/15(水) 16:05配信

たまひよONLINE

育児の中でもお悩みの多いねかしつけ。ママの自由な時間をつくるためにも、早く寝て欲しい! でも、何十分も抱っこしないと寝てくれなかったり、寝室に入っても元気いっぱいで寝る様子ゼロだったりで、ママはぐったり…。
口コミサイト『ウィメンズパーク』のママたちの投稿から、ねかしつけのコツをピックアップしてみました。

【マンガ】夜寝ない子どもに、逆転の発想作戦!

【お悩み】どうすればすんなり寝てくれる?

「2歳7カ月の男の子です。いまだにねかしつけに苦労しています。フラフラになっていても、走り回って寝ようとしないので、抱っこひもで寝つくまでおんぶしています。毎日のことなので本当に疲れてしまいます。下に5カ月の男の子もいるので、下の子も寝られずにグズってしまうこともあります。どうすればすんなり寝てくれるようになるのでしょうか? ?」

【お悩み】パパが帰宅すると寝たくな~い!

「ちょうど子どもが寝る時間にパパが帰ってくるので、テンションも上がり寝る気なんてサラサラなくなって、寝る時間は遅くなるばかり。9時には寝室に入るけれど、パパがいるとお布団に入ろうともせず困っています。そんななので、イライラしてくるし、どうしたらいいのかわからなくて…」

これらの悩みに対して、ママたちからは…

【眠くなるツボは耳にあり!】
「耳掃除すると大人しくなることに気づき、布団に入ってから息子の耳をひっぱったり、押したり、グニグニしてるうちに大人しくなり、そのままねんね。おっぱい星人が、おっぱい以外で寝たのは久しぶり! 眠くなるつぼありそうなので、耳つぼを勉強してみるつもりです」

【耳グリグリで夢の中】
耳の入り口付近の顔側が気持ちいいポイントだそうで、そこを刺激するとうっとりして、寝ちゃうんですよね。何回かそれで寝かしつけしたら、自分で指を突っ込んでグリグリやるようになって、しかも加減がわからないので爪で傷つけちゃうこともあるのが難点。でも、それを上回るねかしつけの技が見当たらなくて…。

【昼寝を短く、時間帯を早く】
「2~3歳頃は、昼寝が多いとなかなか寝ませんでしたが、昼寝を短く、時間帯を早くすると、ごはんを食べたら布団に行く前に寝落ち、何とか布団まで頑張っても横になるとすぐ寝ていました。無理に寝かしつけしようとすると、ママのイライラも子どもに伝わって逆効果だったので、生活サイクルを前倒しにして、電池が切れるタイミングを狙っていました」

【とにかく、とにかく、疲れさせる? 】
「とにかく疲れさせるのがいい方法かも。昼は公園や児童館へ。夜のお風呂では思いっ切り水遊びして疲れさせ、ゲラゲラ笑うのは腹筋を使って疲れるようなのでコショコショしあって大笑いごっこ。手足をモミモミマッサージして刺激与え疲れされたりもします。興奮して寝る時間が少し遅くなるデメリットはあるけれど、寝なくてイライラして過ごすより楽しく寝かしつけを心掛けてします」

【毎晩、同じ時間に就寝儀式をすり込む】
「特に意識しているのは、就寝儀式。20時から暗めの寝室で、ごろごろ、ベッドでジャンプ&掛け布団越え、掛け布団でいないいないばあで体力消費からのお茶飲ませて、絵本3冊読んで落ち着かせ電気消して寝る。これを毎日ほぼ同じ時間に行います。毎晩の儀式によって、これをしたら寝るんだということを子どもも覚えていきました」

また、二人目育児となると、下の子は泣く、上の子は寝むくないから遊ぶ、上がうるさくて下の子は寝られないという負の連鎖が始まりねかしつけもさらに大変に! ねんね世代の赤ちゃんが過ぎると、兄弟同士で遊んだり、ケンカしたりでテンションアップ! まったく寝る様子もなくママのイライラもMAXに…。

【上の子優先で、下の子は基本放置】
「うちの場合は、とにかく上の子を寝かす!でした。下の子が泣いてようが放置。上の子優先で寝かせていましたよ。赤ちゃんは昼夜問わず泣くものですし。そんな下の子は、2ヶ月頃から下の子の寝かしつけのときは相手にしてもらえないと悟ったのか、しばらく泣いたら勝手に寝るようになり、寝かしつけも不要になりました。もちろんダメなときもありますが、やはり基本放置です」

【安全対策をして2人きりにする】
2才と3才の男の子です。9時から1時過ぎまで児童館で遊ばせて走り回ってますが、体力があり過ぎて昼寝はほんの30分。夜も当然寝ないので、寝かしつけようとしても無理…。最近は、寝かせようとせず、寝室の安全対策だけをチェックしてドアを閉めて二人にします。何時に眠ったかはわからないけれど、翌朝も必ず早起きさせてリズムは崩さないことがポイントです。

1/2ページ

最終更新:1/15(水) 16:05
たまひよONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事