ここから本文です

その欲しいものは本当に“あなたが”欲しいもの?|オオカミ少女に気をつけろ! ~欲望と世論とフェイクニュース

1/15(水) 6:00配信

幻冬舎plus

幼い頃からコンプレックスを刺激され続けるSNS

SNSを利用している10歳の女児は、SNSを利用したことのない女児に比べて「やせ願望」を抱く確率が1.9倍高いらしい。東京都医学総合研究所や東京大学などが2012年から15年にかけて調査したもので、SNSの利用頻度が高いほど「やせ願望」が高まる傾向があるようだ。

投稿されている他人の画像に接して、容姿を自分と比較したり、「いいね!」の評価が欲しくて自身の画像を投稿したりしているうちに、「もっとやせたい」という気持ちを強めている可能性があるという。

調査から5年経ち、いまやすっかり低年齢の子どもたちにもSNSが普及しつつあるから、この「やせ願望」もさらに高まっている可能性があるだろう。

子どもの「やせ願望」は、将来に渡って健康に影響を及ぼしかねないから、SNSを使わせないなど保護者が手立てを講じて子どもを守らなければならないと思うが、このSNSで醸成される願望の罠、なにせ大人もはまりがちというのが困ったところである。 

 

「加齢臭はどこからにおう?」「毛穴が汚いと老け見えしちゃうみたい」「ニキビ面の男性と付き合えますか――『付き合えない』が82%」「70歳でこの肌ツヤ」「気になる生え際にワンタッチ増毛」「ポッコリお腹、気にしてませんか」……。

ネットを開いただけで、これだけの広告が目に飛び込んでくる。ほとんどは人の身体のコンプレックスを刺激するものだ。

加齢臭は、そりゃ男も女もゴシゴシ洗って落とすべしと思うが、「老け見え」は本当に毛穴の汚れが原因だろうか? ニキビもそれだけが原因で恋愛が決まるわけないし、70歳で肌がツヤツヤの人は「努力しているんだろうな」とは思うが、私は、堂々と年齢を重ねて、成熟した深みのある70歳を目指したいと思っている。生え際もポッコリお腹も、大きなお世話って感じだ。

しかも、ちょっと気になってクリックしたが最後、追跡型広告の機能が発動して、どこへ行ってもその広告が表示されるようになる。「気になってるんでしょ?」「クリックしてましたよね。ほら、欲しいんでしょ?」と言わんばかりのしつこさだ。

あの手この手で「あなたのコンプレックス、それでいいんですか!?」と煽り立てられ、もともと気になっていなかったことまで気にさせられてしまう。この手の広告を浴びつづけた結果、とうとう「これで悩みは解決する」とうたう商品を買ってしまったり、高額な契約を交わしてしまったりするのが、資本主義社会の罠である。

企業が利益を得るために人の無意識を刺激して、不安にさせ、お金を払う動機を作り出す「コンプレックス商法」とも言えるものだが、一方で、そんな目的も悪気もないのに、人の心をじわじわとえぐり続け、いつの間にかコンプレックスによって支配してしまうものが、SNSという場である。

1/3ページ

最終更新:1/15(水) 11:05
幻冬舎plus

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事