ここから本文です

「圭さんと結婚します」の言葉を国民は祝福する

1/15(水) 15:15配信

プレジデントオンライン

■2人はいよいよ婚約&結婚へという流れになる

 いよいよ眞子&圭の結婚問題が大団円を迎える。

 週刊誌が小室圭の母親の金銭トラブルを報じ、宮内庁が「婚約の延期」を発表して以来、この2月で2年になる。

 秋篠宮も昨年11月の誕生日会見で、娘・眞子とはこの問題について話してはいないが、「何らかの発表はするべきだと思う」と記者たちに話した。

 その内容がどのようなものになるのか、メディアは様々に憶測しているが、私は冒頭に書いたように、婚約&結婚へという流れになると思っている。

 その理由はいくつかある。これまで2人について様々な報道がなされてきた。小室圭が眞子さんと付きあっているとき、同時に他の女性とも付きあっていたという、中傷とも思える報道もあった。

 先週も女性自身(1/21号)が、ニューヨーク在住の帽子デザイナー・長谷川ゆかと知り合ったことを、「裏切りのNY交遊ライフ」などとタイトルを付けて報じているが、ここで紹介するほどの内容ではない。

 女性セブン(1/21号)は、納采の儀を行うためには、男性側の家族を代表して宮家を訪問し、納采の旨を伝え、結納品を進呈したりする「使者」が必要だが、小室家は本家とも断絶状態なので、そういう人間がいない。したがって婚約は難しいのではないかと報じている。

■想像するよりもはるかに強い結びつきが2人にはある

 週刊新潮や週刊文春なども、小室圭の母親の金銭トラブル以外に、亭主の自殺問題や宗教問題など、プライバシー侵害ではないかと思われる報道を繰り返ししてきている。

 小室圭が一昨年夏にニューヨークのフォーダム大に弁護士資格を取得するため旅立って以来、2人が密かに会ったという報道はない。

 だが、私が知る限り、眞子さんが心変わりしたという報道は一度も見たことはない。小室母子への心無い報道を繰り返している週刊誌も、2人は結婚しないと書いたところはない。

 ここからは私の推測になる。12月17日に、西村泰彦元警視総監が宮内庁長官に就任した。そのだいぶ前には、鎌倉節元警視総監が長官であった。

 宮内庁という役所は警察関係者が多いところである。共謀罪を出すまでもなく、警察は「盗聴」のプロフェッショナルである。

 眞子さんと小室圭は毎日のように、スマホやパソコンを通じてSNSで意思疎通をしているといわれている。そうならば、2人の会話やメールの内容を、何らかの形で宮内庁側が掴(つか)んでいると考えることは、決して勘繰り過ぎではないと思っている。

 そうしたことを総合して考えても、2人の間に秋風が吹いているという情報は皆無である。

 私が想像するよりもはるかに強い結びつきが2人にはある。そう考えてもいいのではないか。

■宮内庁側から“帰国しないでほしい”との要望があった

 女性セブン(1/16・23日号)は、こんなことを報じていた。

 「宮内庁側から(小室圭に=筆者注)、“(年末に=筆者注)帰国しないでほしい”との要望があったそうです。相変わらずマンション内での監視カメラ警備や周辺の見回りは続いています。しかし、本人の帰国となるとSPによる身辺警護が必要になる上、厳かな雰囲気で迎える令和皇室の初めての年始行事に水を差すことになりかねない。帰国しても、眞子さまにお目にかかる機会がないこともあって、お正月の帰国は見送ったのでしょう」(警備関係者)

 もしこのようなことがあったとしたら、ロミオとジュリエット効果(恋愛などで障害があった方が逆にその障害を乗り越えて目的を達成しようとする気持ちが高まる心理現象)にさらに火が付くはずである。

 では小室圭のほうはどうか。彼の場合、眞子さんとの結婚を放棄するという選択肢は全くない。もしそんなことをすれば、彼の居場所は日本だけではなく、アメリカにもなくなる。

 一部報道では、秋篠宮家側が結婚させないといい出せば、小室圭は秋篠宮家側に損害賠償を求めるかもしれないというのがあった。もしかするとそういうこともあり得るかもしれない。

1/5ページ

最終更新:1/15(水) 16:10
プレジデントオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事