ここから本文です

戦国最強の武将、上杉謙信はなぜ山を越えたのか?

1/15(水) 6:01配信

JBpress

 (乃至 政彦:歴史家)

 「義の武将」あるいは「軍神」といわれ、抜群の人気を誇る戦国武将・上杉謙信。徒歩以外に交通手段のなかった時代、越後から関東へ何度も「越山」を繰り返した真の目的とは?  謙信に詳しい著者が一次史料と最新研究により、謙信の実像と関東の戦国史に迫る。(JBpress)

【写真】川中島古戦場にある上杉謙信像と武田信玄像

■ 三国峠を「十数回」越えた謙信

 三国峠は、越後国(えちごのくに)・上野国(こうずけのくに)・信濃国(しなののくに)のいわゆる「上信越」三ヶ国が交わる峠であることからその名がつけられている。

 越後国から上野国へ向かい、標高1600メートルほどの頂点に登るとこの上ない絶景が広がっている。背後を振り返れば、雲の合間に連山が黒々とそびえ立ち、前方には青々とした大地と水利が、目を潤わせる。対象的な両国の姿はまるで別天地である。

 そこから赤城山の麓を過ぎて沼田の地を横切れば、いよいよ関東平野が待っている。

 三国峠には「御坂三社神社」(三国権現)があり、その境内に「三国峠を越えた人々」と題する石碑があり、「白雲禅師[鎌倉時代]」「堯恵法印[文明十八年]」「万里集九[長享二年]」「良寛禅師[文化]」「与謝野鉄幹[昭和六年]/与謝野晶子[同]」などと60人以上の人名が刻まれていて、どの人物も三国峠を渡った時期が記されている。

 だが、越後国春日山(新潟県上越市)城主の上杉謙信だけは違っている。「十数回」と、渡った時期ではなく回数が記されているのだ。徒歩以外に交通手段のない時代にこの往来回数は異様であろう。謙信は何を想って「十数回」も越山したのだろうか。

 この連載コラムでは謙信の関東越山を追っていく。

■ 景虎インパクト

 謙信の越山はいつから始まったのだろうか。通説では謙信がまだ長尾景虎を名乗っていた永禄3年(1560)からだと言われている。しかし史料を見直していくと、実はそれ以前の天文21年(1552)にも越山している。ここではその様子を探れる範囲で探ってみよう。まずは一次史料(同時代史料)から実像に迫ってみたい。

 初回である本稿では、越後国春日山城の長尾景虎、下野国唐沢山城(栃木県佐野市)の佐野昌綱、上野国金山城(群馬県太田市)の横瀬(由良)成繁(よこせ(ゆら)なりしげ)が登場する。特に昌綱と成繁は、謙信越山にあたり重要な動きをなすキーパーソンである。

■ 北条氏康の関東進出

 この頃、関東では相模国小田原城(神奈川県小田原市)の北条氏康が関東管領・上杉憲政の上野国平井城(群馬県藤岡市)を制圧した。さらに北方の越後国まで侵攻を企る勢いだった。 それまで関東は古河公方・足利氏と家宰の関東管領上杉氏が統治する政体を取っていたが、天文15年(1546)の河越合戦で彼らは氏康に大敗した。ここから風向きが大きく変わった。

 氏康の姉妹を娶っていた古河公方の足利晴氏は、その子に家督を譲り、北条氏の外戚の座を得た。こうなると、北条氏は関東の副将軍も同然である。

 同時代の畿内では、征夷大将軍を擁する「三好政権」が天下政権を担っていた。これと並んで関東では「北条政権」と言うべき地域権力が屹立していたのだ。

 もちろんこれを快く思わない関東領主はたくさんいる。彼らは、越後国の才気あふれる若者に期待を寄せた。

 越後国を統一したばかりの長尾景虎である。景虎は「代々の軍刀」を自在に操る無類の戦上手、のちの上杉謙信である。越後国は他国の数倍に相当する潤沢な財力を誇り、武装も訓練も卓越していた。 故郷を追われた憲政は、越後国へ亡命した。憲政が居城を取り戻してくれと懇請すると、景虎は快諾した。関東の領主たちもその動向に注目しはじめる。

■ 長尾景虎はじめての関東越山

 天文21年(1552)5月、上野国へ遣わした者たちが戻り、景虎に現地の情勢を報告した。景虎は6月20日、すぐにも「上州(上野国)へ打ち入ろう」と予定を立てた。 その翌月、景虎は速やかに武蔵国の北河辺・矢嶋(埼玉県深谷市矢島)に越後軍の「濫妨狼藉」停止を厳命する禁制を発した。越山は短期間のうちに終わった。帰国した景虎とその側近たちは8月から10月にかけて越山した部将たちに慰労の書状を発した。はじめての越山は無事に終わったのである。 なお、このときの越山は同時代史料がほとんどないため、具体的な動向が不明である。このため、出陣は企画だけで実現しなかったという論者もいる。実際、米沢藩上杉家における公式の歴史書『謙信公御年譜』も同年の越山を記述していない。 だが、先述したように、景虎たちは諸将に向けて、「今度関東御出陣遠路一入御陣労」「今度関東御合力儀、早速出陣、遠路一入御陣労」と関東越山を慰労する書状を発している。このため、越山が不首尾に終わったとは思われない。ここは素直に景虎の関東越山があったと見るべきだろう。

1/3ページ

最終更新:1/28(火) 6:01
JBpress

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事