ここから本文です

“2019年の顔”横浜流星、さらなる栄冠!日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞

1/15(水) 15:02配信

ザテレビジョン

“2019年の顔”と呼ばれるほどの活躍ぶりを見せた横浜流星が、第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。2019年に公開された3本の主演映画「愛唄―約束のナクヒト―」「チア男子」「いなくなれ、群青」での演技が評価された。各最優秀賞の発表と授賞式は3月6日午後4時からグランドプリンスホテル新高輪で行われ、同日夜9時から日本テレビ系で放送される。

【写真を見る】和服姿で佇む横浜流星。美しい…!

2019年、1月ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)の“ゆりゆり”役などで大きな注目を集めた横浜。その後、「あなたの番です―反撃編―」(日本テレビ系)、「4分間のマリーゴールド」(TBS系)と立て続けにプライム帯ドラマでメインキャストを務め、一気に人気俳優へと駆け上った。

■ 横浜流星、スクリーンでも大活躍!

そんな横浜だが、2019年は映画界でも目覚ましい活躍ぶりを見せていた。

2019年1月に公開された「愛唄―」では、恋をする勇気を持てないまま大人になった主人公・透役で、旧友との再会や運命の少女との出会いを通して成長していく姿を瑞々しく演じた。

5月公開の映画「チア男子!!」では、珍しい男子チアチームに打ち込む大学生・晴希を熱演。クライマックスの難しいチアパフォーマンス実演シーンでは、撮影直前に負傷しながらも痛み止めで乗り切り、高い身体能力を生かした見事な演技を披露。そして9月に公開された「いなくなれ、群青」では一転、謎めいた島で暮らす悲観主義者の高校生・七草を繊細に演じ、原作の詩的な世界観を体現した。

2019年は「東京ドラマアウォード2019」助演男優賞、「第32回 小学館DIMEトレンド大賞」ベストキャラクター賞、『日経トレンディ』が選ぶ「2019年“今年の顔”」、「GQ MEN OF THE YEAR 2019」、「Yahoo!検索大賞」大賞&俳優部門賞と受賞ラッシュだった横浜。

新たにワイモバイル、ABCマート、大東建託、資生堂、森永製菓に出演し、「2019年TV-CM急上昇ランキング」で堂々の1位を獲得した(エム・データ発表、2019年1月1日から11月30日に東京地上波キー局で放送されたCMが対象)。

日本アカデミー賞新人俳優賞の栄冠を経て、2020年は清野菜名とW主演するドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(毎週日曜夜10:30-11:25ほか、日本テレビ系)が放送中。秋には吉高由里子とのW主演映画「君の瞳(め)が問いかけている」も公開される。

(ザテレビジョン)

最終更新:1/15(水) 15:04
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事