ここから本文です

劇場最新作「名探偵コナン 緋色の弾丸」のメインビジュアルが公開!赤井秀一、メアリー、世良真純ら赤井一家が総結集

1/15(水) 13:00配信

ザテレビジョン

2020年4月17日(金)より劇場版最新作「名探偵コナン 緋色の弾丸」のポスタービジュアルが公開となった。

【写真を見る】「引き裂かれた運命――― いま<世界>が動き出す」とつづられたコピーのとおり、バラバラとなってし まっている赤井一家の共闘は見られるのか?

同作は、アニメ「名探偵コナン」(毎週土曜夜6:00-6:30、日本テレビ系)の24作目となる劇場版最新作。

日本で開催される4年に1度の世界最大のスポーツの祭典「WSG-ワールド・スポーツ・ゲームス-」と、その開会式に併せて開発された最高時速1000㎞を誇る世界初の「真空超電導リニア」を巻き込んだ未曾有の大事件が発生…というストーリーとなっている。

公開されたポスタービジュアルでは、赤井秀一、メアリー、世良真純ら原作本筋ストーリーの鍵を握る超重要人物・赤井一家が総結集する中、コナン、蘭、灰原ら少年探偵団に加え、FBIの面々や秀吉の彼女である宮本由美も登場するビジュアルに仕上がっている。

さらには、映画公式ホームページでは、新プロジェクト「CONAN TABOO-TAGPROJECT」も始動!

4年に1度の閏年、劇場版最新作に引き合わされるさまざまな“禁断のタッグ”が展開されていく危険なプロジェクトにも注目だ。

■ 「名探偵コナン 緋色の弾丸」ストーリー全文

世界最大のスポーツの祭典「WSG-ワールド・スポーツ・ゲームス-」の記念すべき東京開催を迎えようとしている日本。

その開会式に併せて、日本の技術を総集結した、最高時速1000kmを誇る世界初「真空超電導リニア」が新名古屋駅と東京に新設される芝浜駅間に開発することが発表された。世界の注目を集める中、名だたる大会スポンサーが集うパーティー会場で突如事件が発生し、企業のトップが相次いで拉致されてしまう異常事態に。

その裏には事件を監視する赤井秀一の姿、そして赤井からの指令を待つFBIの姿があった。コナンの推理により、15年前にアメリカのボストンで起きた忌まわしきWSG連続拉致事件との関連性が浮かび上がり、当時の事件もFBIの管轄だったことが判明する。果たしてこれは偶然なのか? 世界中から大勢の人々が集まる日本で、いったい何が起ころうとしているのか?(ザテレビジョン)

最終更新:1/15(水) 13:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事