ここから本文です

稲本、小笠原、本山ら“黄金世代”集結! 巻の引退試合で実現した「79年組」7ショット

1/15(水) 7:30配信

Football ZONE web

稲本が巻氏の引退試合に参加した黄金世代のメンバーと豪華7ショットを撮影

 元日本代表FW巻誠一郎氏の引退試合が13日、古巣ロアッソ熊本の本拠地であるえがお健康スタジアムで行われた。岡田武史氏や原博実氏が指揮を執るなど豪華メンバーが話題となったが、メンバーの一員として参加した元日本代表MF稲本潤一(SC相模原)が、自身の公式インスタグラムで舞台裏の様子を公開。主役の巻氏との2ショットのほか、“黄金世代”の同学年との豪華絢爛な7ショットを披露している。

【写真】稲本、小笠原、本山ら“黄金世代”集結! 「79年組」豪華7ショット

 巻氏はイビチャ・オシム氏の指導の下で成長を遂げ、2005年には日本代表に選出。06年ドイツ・ワールドカップ(W杯)本大会にもサプライズでメンバー入りした。10年のジェフユナイテッド千葉退団後は、ロシア、中国を経て翌11年にJリーグへ復帰。東京ヴェルディに3年間所属し、14年からは故郷の熊本でプレーした。

 18年シーズンをもって現役を引退したなか、13日に引退試合が開催された。メンバーの一員としてイベントに参加した稲本は14日にインスタグラムを更新。「『巻 誠一郎 引退試合』 最高の雰囲気、素晴らしい仲間達が集まりました これも巻の人柄 次のステージで活躍を楽しみにしてます」と綴り、舞台裏を公開している。

 巻との2ショットもさることながら、投稿された写真のなかでも目を引くのが“黄金世代”が集結した一枚だ。稲本のほか、中田浩二氏(鹿島C.R.O)、小笠原満男氏(鹿島アカデミー・アドバイザー)、播戸竜二氏、坪井慶介氏、加地亮氏、本山雅志(ギラヴァンツ北九州→未定)と元日本代表がズラリ。坪井を除く6人は1999年ワールドユース(現U-20W杯)のナイジェリア大会で準優勝したメンバーで、彼らの世代は“黄金世代”として語り継がれることになった。80年早生まれの加地を含め、「#79年組」とハッシュタグを添えている。

 日本サッカー界を支えてきた選手の多くが、それぞれのセカンドキャリアを歩み始めている。それでも、彼らがピッチで残した功績はいつまでも色褪せることはないだろう。

Football ZONE web編集部

最終更新:1/15(水) 7:30
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ