ここから本文です

京橋のアーティゾン美術館に行ってみた 展示作品の撮影OKって本当ですか?

1/15(水) 11:00配信

CREA WEB

美術館が生まれ変わってオープン日時指定予約制も画期的!

 東京・京橋に、「ブリヂストン美術館」を前身とする、新しい美術館「アーティゾン美術館」が2020年1月18日(土)にオープンします。

 ということで、一足お先に内覧会に行ってきました! 

 アーティゾン美術館は、ブリヂストン美術館(旧美術館)の跡地に竣工された「ミュージアムタワー京橋」の1~6階に入り、旧美術館では八重洲側にあった入り口が中央通り側に変更に。銀座で買い物をした後などにも、ふらりと立ち寄れるのは魅力的ですよね。

 こちらの美術館が画期的なのは、最新テクノロジーがあらゆる面で導入されているところ。

 まず驚いたのが、チケットの買い方。日時を指定して事前予約するシステムなので、待ち時間なくスッと入館できるんです。

 入場する人数をコントロールできるので、お目当ての作品の前に人だかりができて、じっくり鑑賞できない、なんてことがないのも嬉しい! 

 音声ガイドも現代風の仕様です。今は入口で音声ガイドの機器を借りるのが一般的ですが、アーティゾン美術館では無料の公式アプリをダウンロードすれば、自分のスマートフォンで音声ガイドや作品解説を楽しむことができます。全館Wi-Fi対応なので電波を心配する必要もなし。

 また、チームラボによる「デジタルコレクションウォール」もぜひチェックしてほしいところ。

 壁にかかった巨大なタッチパネルディスプレイに、膨大な数の作品が展示されているのですが、気になる作品に触れると、その作品の詳細を見ることができたり、同じ作家のほかの作品を閲覧することもできます。

 好きなタイプの作品を入り口にして、アートの世界にどんどんのめり込んでいける楽しい仕掛けですよね。

作品は観るだけじゃないんですスマホで撮影できちゃいます

 こうした最新テクノロジーの導入に加え、アーティゾン美術館ではなんと撮影禁止の作品を除き、展示作品を撮影可能とのこと! 

 心震える作品に出会ったとき、思わずケータイで撮影したくなる人も多いのではないのでしょうか? そんな人にも嬉しい配慮ですよね。アートの楽しみ方が広がります。

1/2ページ

最終更新:1/20(月) 17:30
CREA WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事