ここから本文です

【Japan Data】阪神大震災から25年 : 大都市直下型地震の衝撃

1/16(木) 10:30配信

nippon.com

東北地方の太平洋沿岸部を中心に甚大な被害をもたらした東日本大震災の衝撃があまりにも大きく、阪神・淡路大震災の記憶が薄れている人もいるかもしれない。しかし、いつか首都直下型地震が来るかもと考えるならば、私たちはまだまだ阪神・淡路大震災から学ぶべきことがあるのではないだろうか。

阪神・淡路大震災は1995年1月17日午前5時46分に発生。兵庫県淡路島北部を震源とする都市直下型地震で、地震の規模を表すマグニチュードは7.3、観測史上初の震度7を記録した。死者6434人、住宅被害は約64万棟に及び、当時としては、戦後最大規模の地震災害だった。

2万人近い死者を出した2011年の東日本大震災は津波被害が甚大だったが、大都市直下型の阪神・淡路大震災は建物の倒壊とそれに伴う火災が深刻な被害をもたらした。市街地には耐震基準を満たさない古い木造住宅が多く、犠牲者の大部分は圧迫死だったことから、その後の、国による建物の耐震強化の推進につながった。98年には災害で家を失った被災者を救済する「被災者生活再建支援法」が成立した。

95年は「ボランティア元年」とも呼ばれる。震災復興のため、多くのボランティア団体が設立され、延べ100万人以上が支援活動に携わった。98年には議員立法による特定非営利活動促進法(NPO法)が成立し、災害ボランティアが社会に根付く契機となった。その後の東日本大震災や熊本地震などでも、こうした活動に従事するNPO団体が復旧・復興の一翼を担う存在となっている。

最終更新:1/16(木) 10:30
nippon.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ