ここから本文です

「愛よりお金」は婚活女子の総意?1億円貢がせ離婚の加藤紗里が、嫌われてるのにおもしろがられてる理由

1/16(木) 17:12配信

Suits-woman.jp

今週の「女のもやもやセラピー」は、加藤紗里さんの1億円貢がせスピード離婚ネタです。有名お笑い芸人さんとの二股され恋愛で世間に名を馳せ、今や独特の容姿とコメントで嫌われポジションを爆走中。SNSなどで熱いコメントをまき散らし、ネットニュースの常連に。ネット掲示板や自身のコメント欄など、あちこちを炎上させています。

代表作も何もわかりませんが、バラエティー番組などを見ないタイプの人と話していても、「お金にうるさくて見た目がケバい……」と口にすれば、「ああ!加藤紗里でしょう?」と話が通じるほど、知っている人が多いというのはある意味すごいことでしょう。でもそのあとに、たいてい「私、あの人、大嫌い」と続くのです。「品がなくて同性として恥ずかしい」「生き方が汚い。見苦しい」などのほかに、「ただただ鼻につく」という意見もあります。

生き馬の目を抜く百戦錬磨の猛者が集う芸能界ですから、どんな方法であっても目立ってナンボ。見る側は、「嫌いだから見ない」という判断をして捨て置けばいいのです。しかし、「ホント、嫌いなんですよねッ」と吐き捨てるように言う人でさえ無視はできないようで、言ってみれば「目が離せない」存在なよう。出会って1週間で不動産会社を経営する男性と結婚、そして3か月で離婚したニュースも、非難のほうが圧倒的ですが、とにかく話題にあがります。なぜなのでしょうか。

加藤紗里さんは「男は愛よりお金」タイプです。とはいえ、そういう女性はさほど珍しくもありません。なのに加藤さんだけ、やたらと注目されています。

その理由のひとつに「3か月の結婚生活中、1億は使わせた」など、「愛よりお金」のスケールが大きいということもあるでしょう。婚活女子が理想の結婚相手の年収を聞かれたときに「1000万円」と答えただけで、世間知らず、身の程知らずと罵られるなかで、「1か月に最低1000万円は紗里に使ってくれないと」と言えてしまう図太さ。

「世のほとんどの男性はああいうタイプの女性が嫌いだと思うし、同性にも嫌われていると思うんです。それを本人だって絶対わかっているのに、やり続けているっていうのがあっぱれだと思う」と言っていた30代女性もいました。

1/2ページ

最終更新:1/16(木) 17:12
Suits-woman.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事