ここから本文です

加部究のフットボール見聞録「厳寒時代の“闊達な人”田口光久氏を偲ぶ」

1/16(木) 18:56配信 有料

SOCCER DIGEST Web

175センチで日本代表のゴールを

日本代表や三菱重工などで活躍した田口氏。11月12日に亡くなったが、その笑顔は多くのサッカーファンの記憶に残っている。写真提供:絹見誠司

 思い出すのは1974年の元日である。「黄金の足」の異名を取った杉山隆一氏が、家業を継ぐために天皇杯決勝を最後に引退すると公表。当時まだ32歳、ドリブルのキレも十分に健在で、三菱重工を勝利に導く2ゴールを演出し、3万5000人の観衆の前を肩車されて回った。

 だがこの鮮やかな引き際には、重要な陰の立役者がいた。それまで三菱のゴールマウスに立ち続けたのは、日本代表の正GKの横山謙三氏だが、シーズン終盤に故障。代わって日本一を決める大事な一戦に抜擢されたのが、秋田商業高から入社したばかりのルーキー、田口光久氏だった。三菱が対戦相手の日立を圧倒した試合ではなかった。しかし度胸満点の18歳は、スーパースターを見送る大舞台でも物怖じせずに果敢なセーブを続け1失点に抑え込む。

 やがて田口氏は、10年間以上も日本代表のレギュラーを続けてきた横山氏から守護神の座を引き継ぎ、2年後には自ら日 本文:1,566文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

最終更新:1/16(木) 18:56
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る