ここから本文です

森保監督、カタール戦後に“自身の進退”に言及 「続けるかどうか私が判断することでは…」

1/16(木) 1:11配信

Football ZONE web

大会史上初のグループリーグ敗退が決まったなかで迎えたカタール戦も1-1ドロー

 森保一監督は現地時間15日、タイで開催されているU-23アジア選手権グループリーグ第3戦のカタール戦(1-1)後に自身の進退について言及。「続けるかどうか私が判断することではない」と語った。

 今大会、第1戦のサウジアラビア戦と第2戦のシリア戦で2連敗。この日のカタール戦はFW小川航基(ジュビロ磐田)が先制点を奪うも、その直後にPKを献上して同点に追いつかれ、3試合を通して未勝利に終わった。試合後の会見で自身の五輪に向けての気持ちと、兼任監督について問われた森保監督は、進退について言及している。

「今回の敗退に関して、この責任はこの先チームをさらに成長させること、五輪に向かっていくことで果たしたい。私のポストに関しては与えられることで、これから続けるかどうか私が判断することではない」

 東京五輪に向けて自身が率いて責任を果たす思いを明らかにしながら、残り半年に向けて目を向けた。

Football ZONE web編集部

最終更新:1/16(木) 1:11
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事