ここから本文です

【中日2020予想投手スタッフ】守り勝つ野球へ――投手王国再建は間近

1/17(金) 11:01配信

週刊ベースボールONLINE

【中日2020予想投手スタッフ】
■先発
△大野雄大
 柳裕也
△小笠原慎之介
 梅津晃大
△笠原祥太郎
 山本拓実
△ロメロ

【中日2020年予想オーダー】2019年のベストオーダーがそのまま継続

■中継ぎ
 R.マルティネス
△福敬登
 藤嶋健人
 祖父江大輔
 三ツ間卓也
 又吉克樹
△ゴンサレス◎

■抑え
△岡田俊哉

※△は左投げ、◎は新加入

 昨季のチーム防御率は3.72とまずまずに思えるが、544失点は12球団最少だった。2018年は654失点に防御率4.36だったから、劇的に改善したといえる。やはり最優秀防御率のタイトルを獲得した大野雄大、11勝を挙げた柳裕也が、1年間先発ローテーションを守り通したことが大きかった。さらに山本拓実や梅津晃大ら、若手が台頭したこともプラス要素。ローテーションの駒はそろいつつあり、上記に挙げた以外にも吉見一起や山井大介らベテランもいる。

 抑えは岡田俊哉の予定だが、血行障害を抱えた過去があり、春先の起用には不安がある。さらに中継ぎは昨季の最優秀中継ぎ投手の左腕・ロドリゲスが退団。岡田を抑えに回すとなると、中継ぎ左腕では福敬登にかかる負担が増えるだろう。新助っ人左腕のゴンサレスには、シーズンを通してフル回転の活躍が望まれる。中継ぎ右腕は藤嶋健人、祖父江大輔らがおり盤石だ。谷元圭介や又吉克樹の経験値も頼りになる。

 大谷翔平(エンゼルス)、藤浪晋太郎(阪神)と並んで“高校ビッグ3”と称されるもケガのため17年から育成選手になっていた浜田達郎が支配下登録を勝ち取り、昨季は不整脈で調整を余儀なくされた笠原祥太郎も、今季は本来の力を取り戻せるだろう。血行障害の手術を受けた鈴木翔太が復活し、度重なるケガに苦しんでいる石川翔がヴェールを脱ぐことになれば、さらに強固になる。投手王国を再建し、「守り勝つ野球」で頂点を目指す布石は、すでに打てている。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:1/17(金) 11:16
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ