ここから本文です

【法律相談】男性の「避妊具は嫌!避妊薬を飲め」は犯罪か?

1/17(金) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 2019年は少子化のスピードが一段と上がり、出生数が90万人を割り込んだが、産む・産まないの選択はあくまでもカップルの判断に委ねられている。問題は避妊の方法だが、男性が避妊具を嫌い避妊薬を飲めと強要してくる場合、これは罪ではないのか? 弁護士の竹下正己氏が回答する。

【相談】
 女性読者です。悩んでいます。お付き合いを始めて2年目の彼が、避妊薬を飲むように強要するんです。彼は避妊具を付けると満足できないらしく、お前が薬を飲んでくれと。でも、私は避妊薬が体質に合わないようで、体調を崩しがち。それでも飲めと強制してくる彼は何かしらの罰に抵触しないのでしょうか。

【回答】
 避妊薬は、医師の処方がないとドラッグストアなどでは買えません。となると、彼はあなたに対し、婦人科を受診してピルを処方してもらえ、と要求しているのですね。

 問題は「強制」です。飲まなければ、彼はどうするというのですか? 別れる程度の強要であれば、あなたは交際を諦めるか、避妊薬を服用するか選択できるので、犯罪になることはありません。子供を持ちたくないとの考えのもと、避妊薬を服用することは、少子化の我が国にあっても、違法ではないので、その服用を強く勧められたとしても、民事的にも責任はありません。

 もっとも、2人が事実上夫婦同然の内縁関係であったり、婚約している場合、避妊薬を服用しない理由だけで関係解消というのなら、彼の要求は問題です。他の避妊方法がいくらでもあることを考えると、避妊薬で健康被害があることがわかっていながら、要求を承諾しないだけで、一方的に関係を解消するのは不法行為になります。その場合、あなたは精神的苦痛に対する慰謝料請求ができます。

 彼の強要が生易しいものではなく、例えば服用しなければ、あなたの恥ずかしい写真をインターネットに投稿すると脅かしていたりすると、あなたには避妊薬の服用義務がないので、彼は「生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者」として強要罪を犯したことになり、3年以下の懲役になります。

 冒頭のとおり、避妊薬は医師の処方が必要です。医師が副作用のある薬の服用を指示することはないと思います。体の状態をよく説明し、薬を変えてもらえないのなら処方を断わり、薬が出ない状況と心情を彼に理解させ、諦めてもらうのがよいのではありませんか。

【弁護士プロフィール】竹下正己(たけした・まさみ):1946年、大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、弁護士登録。

※週刊ポスト2020年1月17・24日号

最終更新:1/17(金) 16:17
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ