ここから本文です

トラブルだらけ!パリス・ヒルトンがYouTubeで料理番組を開始

1/17(金) 0:00配信

コスモポリタン

元祖お騒がせセレブのパリス・ヒルトン(38歳)。あまりイメージにはないけれど、本人曰く「料理はとても得意」なのだそう。そこでパリスは、自慢の腕を振るうべくYouTubeで料理番組を開始! するとその内容が「期待を裏切らない」「パリスらしさ健在」と話題に。

【写真】パリス・ヒルトンのぶっとびピンクコーデ集31

新たに「Cooking With Paris」という名の番組をスタートさせたパリス。いつも通り愛犬を抱きながら自己紹介をし、冒頭の滑り出しは順調そのもの。

「知ってる人は知ってるんだけど、私は料理がとても得意なの。子どもの頃にママがクリスマスや感謝祭でとても美味しいパスタやラザニアを作ってた。私はアイランドキッチンに座り、ママの料理する姿をみて一緒に作ってたわ。今日はラザニアの作り方を紹介するわね」

ところが、いざスタートしてみると材料が違ったり、なぜか初めて使うキッチンということもありトラブルの連続に…。動画内で起きたハプニングの一部がこちら。

・パスタの種類が予定のもと違って下処理が必要に
・パスタを茹でる鍋のサイズが合わない(本人は苦笑い)
・モッツァレラチーズを固まりで購入したためすり下ろすことに
・オリーブオイルや調味料を誤って大量に入れてしまう

予定通りに進まないクッキングのせいか、終始ため息交じりに話し、なんとも面倒くさそうに料理をするパリス。

中盤では「この調理器具で合ってるのか分かんない」と言ってみたり、「正直なところ調味料の量とかよく分からないの。でもいつも、だいたいこれくらい」と、かなり大まかに。また、終盤でニンニクと玉ねぎを切り忘れたことに気付いたパリスは、「私のラザニアにはいらないわ」と、気にせず料理続行。

「髪の毛が長い人は火で燃やさないようにね!」などパリス流のアドバイスを挟みつつ、ラザニアは無事(?)に完成。

視聴者は手袋をつけて料理をしていることに突っ込んだり、「想像通りの料理の仕方だ」などとコメントしながらも、かつての人気リアリティ番組『シンプル・ライフ』を思い出させる動画を楽しんでいる人が多い様子。

パリスは「次に作る料理のリクエストを待ってますね」と言っているので、次のエピソードにも期待!?

最終更新:1/17(金) 0:00
コスモポリタン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ