ここから本文です

『弥生、三月』本予告&ポスター公開 波瑠と成田凌が運命に結ばれながらもすれ違い続ける

1/17(金) 8:02配信

リアルサウンド

 3月20日に公開となる映画『弥生、三月 -君を愛した30年-』より、本予告とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、『家政婦のミタ』『過保護のカホコ』『同期のサクラ』(全て日本テレビ系)など、多くのヒットドラマを生み出してきた脚本家・遊川和彦による監督第2作。完全オリジナル脚本による物語は、“2人の男女の30年間を3月だけで紡ぐ”という異色の構成。

 昭和~平成~令和と時代を跨ぎ、運命に翻弄されながら愛を紡いでいく弥生と太郎の半生を、波瑠と成田凌が演じる。また、波瑠演じる結城弥生の影響で教師を目指す青年・あゆむ役で岡田健史が映画初出演を果たすほか、弥生と太郎の親友・サクラ役で杉咲花、弥生の配偶者となる白井卓磨役で小澤征悦、根っからの明るい性格で成田演じる太郎と弥生の背中を押していく太郎の母・山田真理亜役で黒木瞳が出演する。

 公開されたポスタービジュアルには、30年間の3月の出来事を紡いだシーンがフラッシュバックする中で抱き合う弥生と太郎の姿が。「30年間、ずっとどこかであなたのことが好きだった」というコピーが添えられている。

 互いに惹かれ合いながらも、親友・サクラを病気で亡くしたことで想いを伝えられず、遂に2人は別々の人生を歩むことになる弥生と太郎。けれど、弥生と太郎に待ち受けていたのは順風満帆な人生ではなく、それぞれ別の人との結婚や離婚、子供の頃からの夢の挫折、配偶者を亡くした災害など。思い描いた人生とは異なり、思わず目を背けたくなる辛い現実に直面し、まさに人生のどん底を経験する2人。別々の人生を選んだ男女の、それでも運命を信じ続ける姿が切り取られている。

リアルサウンド編集部

最終更新:1/17(金) 20:27
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ