ここから本文です

婚活アドバイザー植草美幸『今の婚活に必要な要素が詰まったイモトアヤコさんの“交際ゼロ日&逆プロポーズ婚”』【婚活戦略女子】

1/17(金) 21:42配信

with online

恋愛が無駄という人が増えている

こんにちは、結婚相談所マリーミー代表で婚活アドバイザーの植草美幸です。

みなさん、年末年始はいかがお過ごしでしたか?
年末の令和元年駆け込み婚に引き続き、元旦の結婚発表が相次いだ芸能界。意外な人や組み合わせに驚いたり、妙に納得してしまったり……。ハッピーなニュースは見聞きするこちらも幸せな気分にしてくれるものです。

【婚活戦略女子】記事一覧はこちら

たくさんのカップルが誕生した中で婚活アドバイザーとして興味を引かれたのは、昨年末のイモトアヤコさんの“交際ゼロ日&逆プロポーズ婚”。イモトさんの結婚までの一連の流れは、今の婚活事情を象徴しているともいえるの。恋愛をしてから結婚したい人がいる一方で、最近の若い人は男女問わず、無駄な恋愛をしたくないと思っている人が増えていて、お付き合いしたら結婚と考えているようなのね。イモトさんの場合はお仕事でのお付き合いが長かったようだけれど、マリーミーでも真剣交際を経ず、「3回会って結婚を決める」という会員もいるほど。

結婚につながらない恋愛が無駄という考えがいいかどうかはさておき、結婚生活は恋愛期間が長いからといって上手くいくとは限らないし、大切なのはお相手をきちんと見極められるかどうか。その点、イモトさんは恋愛を経ずともお互いをよく理解できたのでしょうね。

十分なコミュニケーションで魅力を発見!

もともとお二人は、2007年からのお付き合いで「世界の果てまで行ってQ」のロケで世界116か国以上を共に旅している間柄。仕事仲間という関係を超えて、衣食住をともにしていたのですから、表向きだけではない本来の性格や考え方などを徐々に知ることができたのでしょうね。ロケではお互い支え合い協力し合う、まるで「夫婦」のような関係がすでにでき上がっていました。

結婚するといいところだけを見せ続けることはできません。恋人なら外で会うことが多いので綺麗なところしか見せなくて済むけれど、イモトさんの場合は包み隠すことさえできず、逆に笑いをとるためにも思い切った醜態を見せることも。ありのままの自分を見せてきたのですから、今さらこれからお互いを知り合っていく必要がなかったのよね。

イモトさんのような濃密なコミュニケーションとまではいかずとも、婚活にはコミュニケーションが必要不可欠。「婚活が上手くいかない」「素敵な異性がいない」という人ほど、外面的な部分(顔・体型・話し方など)だけを見てイエス・ノーを決めていたり、内面的な人間性や自分をどう見てくれているのかといった肝心なことには目も触れずにいるの。これでは良いご縁も手からこぼれていってしまいます。

1/2ページ

最終更新:1/17(金) 21:42
with online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ