ここから本文です

クリスマスの家デートで「同棲前チェック」ができた!【30代ジーコの、本気で婚活!Vol.47】

1/17(金) 22:43配信

集英社ハピプラニュース

先月の話で恐縮ですが、クリスマスでの気づきを。

前回は空いてそうだからと夜に髪を切りに行き、その前は「紅生姜とネギがクリスマスカラーだわ♪」とか言いながら自宅から徒歩2分の店でとんこつラーメンを食べていたわけですけど、今回は違います。彼氏がいます。

【写真】<憧れのエンゲージ&マリッジリング>30ブランド98選一挙紹介

といっても2019年のクリスマスは思いっきり平日。彼とは土日である21日・22日に彼の家に泊まり、振替クリスマスをしました。1日目は科学館に行って大量の石を見たのですが、それはただただ楽しかっただけなので割愛。片麻岩いっぱい見た。孔雀石ほしい。2日目に「あー、マジで結婚してくれないかな」と思う出来事がたくさんありました。

2日目は、彼の家でシチュー&ローストチキン他諸々を作ったのですが。とりあえず、クリスマスには彼氏と家でデートするべきだと思った。特に付き合いたて&結婚したい場合は。なぜなら、普段は発見しづらい彼の価値観を発見する機会が多くあったから。ということで今回は気づきを得たことをご紹介します。

1.割り勘のハレの日。金銭感覚のマッチぐあいがわかった。

今までのデートでもなんとなく金銭感覚はわかっていました。でも、ハレの日のお金の使い方って結構性格が出るじゃないですか。誕生日は、祝う側がすべてorほとんどお金を払うので、金銭感覚がマッチしているかはあまり問題にならない。そう、クリスマスは「大切な日」兼「ふたりでお金を払う」なので、ここぞというときのお金の使い方がわかるのです。

彼は基本的にそんなにケチではないけど、節約もそこそこするタイプ。どんな感じかなと思っていたのですが……いい肉買うじゃん! 

私もせっかくの日はケチらず思いっきりお金を使いたいタイプなので完全にマッチ。デパ地下で普段は買わない、でも超弩級というわけではない程度のお肉をチョイスしました。気が合う~。

もしかして…?と思い「カレー作ろう!って言ったらスパイスから作りたかったりする?」と聞いたら「調味料は余っちゃってもったいないからそういうことはしない」とのこと。あー、わかる。その日に使い切れるものにだけお金使いたい。めっちゃわかる。気が合う~。

1/3ページ

最終更新:1/17(金) 22:43
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ