ここから本文です

吉本興業、“エージェント契約”の説明会が闇すぎて「何も変わってへんやん」の声

1/17(金) 16:30配信

週刊女性PRIME

 昨年の大みそかに放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日SP 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』(日本テレビ系)で、加藤浩次(50)が吉本のお家騒動をネタにする場面が話題となっている。

【写真】千原Jrがベビーカーを押し、野性爆弾くっきーがスーツで入学式へ。吉本芸人のイクメン姿

 ダウンタウンなどで結成された吉本芸人ユニットRe:Japanの『明日があるさ』に乗せ、「みんなのためになるならと エージェント制度を提案し みんなやると 思っていたら、気づけば俺1人」と自虐的に歌ったのだ。

 加藤浩次に続き、1月10日にはロンドンブーツ1号2号の田村亮が専属エージェント契約を結んだばかりだが、同契約を結んだ芸人はそこまで多くはない。その理由を、バラエティー番組スタッフが教えてくれた。

「昨年12月に所属芸人向けの契約に関する説明会が行われたそうです。そこで吉本が提示してきたのが、≪専属エージェント契約≫≪専属マネージメント契約≫≪これまで通り≫の3パターン。その際の説明が、エージェント契約を極力結ばせたくないようなものだったそうです」

専属エージェント契約のマイナス面ばかりを話し

 専属エージェント契約とは、タレントが個人でマネージメントを行い、取引先を自由に選べるというもの。しかし、吉本が提案した内容では決して旨味がないというのだ。

「専属エージェント契約をする場合、吉本という看板の利用を許可するため、発生したギャラの3割を事務所に納める。一方で、マネージャーの給料や不祥事などで発生した違約金などは個人負担とのこと。

 説明会でも“マネージャーの給料の負担や違約金などのリスクを考えたら、得とは思えないのでおススメしません”と、やたら専属エージェント契約のマイナス面ばかりアピールされたそうです」(同・バラエティー番組スタッフ)

 また専属マネージメント契約とこれまで通りの2つに関しては、ほぼ同じ内容のようだ。

「『これまで通り』を選んだ芸人には『所属覚書』と書かれたA4サイズの紙が1枚渡され、サインをさせられたとか。控えは持ち帰り可能だったとのことで見せてもらいましたが、8つの項目が書いてあって、≪反社会勢力とは絶対に交流をしません≫≪守秘義務を守ります≫といったことが書かれていました。

 『これまで通り』の芸人に関しては、1年ごとの更新で契約解除の申し出がない場合は自動的に延長されるとのことでした。専属マネージメント契約も内容はほとんど一緒ですが、こちらは5年に1度の契約更新と説明されたそうです」(お笑い関係者)

 実質、専属マネージメント契約はマネージャーがつくような売れっ子クラスだけが選択でき、それ以外の芸人は『これまで通り』しか選択できない状況なのだという。

1/2ページ

最終更新:1/17(金) 19:51
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ