ここから本文です

性依存症に陥るのは“遊び人”だけじゃない、加害者・被害者がハマる意外な理由

1/17(金) 8:00配信

週刊女性PRIME

 性的な行動への依存は、俗に「性依存症」「セックス依存症」と呼ばれているが、世界保健機関の診断基準(ICD)では「性嗜好の障害」に分類される。痴漢や盗撮を繰り返すなど加害者になる一方、性暴力の被害者になることもある。

【写真】性依存症の支援に取り組む西谷弁護士と榎本クリニックの斎藤さん

 性依存は、依存症の中でもなかなか理解されにくい。加害も被害も“好きでやっている”と思われがちだ。

性依存傾向の人は生きにくさを感じていがち

 公務員の鈴木貴男さん(仮名=20代)は盗撮を繰り返し、3回目の逮捕で常習として処分された。駅構内で女性利用客のスカート内をスマートフォンで撮影、大阪府迷惑防止条例違反に問われたのだ。このとき西谷裕子弁護士とつながった。

 西谷弁護士は鈴木さんのケースで医師の診断までは求めなかったが、ICDで盗撮は「窃視(せっし)症」という精神疾患に分類される。

 西谷弁護士は、もともと罪を犯した人を一般社会に更生させる「更生保護」に関心があった。実践する過程で「治療的司法」にたどり着いたという。犯罪の背景や原因に、福祉や医療の不足や、被疑者に依存症などの問題がある場合、刑罰を中心にするのではなく医療や福祉、心理との連携によって再犯防止や更生を支援していく考え方だ。これに弁護士の立場から取り組んでいる。

「被疑者の生い立ちや生活歴、何が引き金になるのかを丁寧に聞き取ります。カウンセリングや、認知行動療法によるグループミーティングにつなげることもあります」(西谷弁護士)

 鈴木さんの場合、公務員一家で、型にはまった“安定志向の価値観”や“道徳的な人生観”を押しつけられてきた。鈴木さん自身には発達障害の傾向があり、両親との衝突が絶えなかった。思春期になると、大人との関係がうまくいかず、イライラした感情を性的に解消しようと盗撮をするように。就職後も対人関係のトラブルを抱え、盗撮を繰り返した。

「鈴木さんは逮捕されるまで盗撮を繰り返し、やめられませんでした。このままやめられなければ、遅かれ早かれ刑務所に行かねばならず身の破滅につながるため、私の事務所に連絡がありました」

 若い被疑者の場合は親子で訪れ、治療に取り組む例も多い。

「相談者は性依存傾向の人が多いです。常習になっている人もいます。鈴木さんのように成育歴が関係していたり、障害やその傾向などがあって、生きにくさを感じている人が多いです」

1/3ページ

最終更新:1/17(金) 10:18
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ