ここから本文です

デジタル人民元との相性いかに 「民主的」なブロックチェーン

1/17(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

中国人民銀行(中央銀行)は主要国で初めてとなるデジタル通貨の発行準備を着々と進めている(毎日新聞社/アフロ)

<2020年1月25日号> 中国では2020年1月1日に「暗号法」が施行された。その背景には中国人民銀行が発行主体となるデジタル通貨/電子決済(DCEP、いわゆるデジタル人民元)の発行に向けた法整備を進める狙いがあるとみられる。デジタル人民元については19年6月に米フェイスブックが暗号通貨リブラに関する計画を発表したのを機に開発が加速されたとみられ、米中のハイテク覇権争い、という観点からも注目が集まっている。 本文:1,374文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込55

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

梶谷 懐 :神戸大学教授

最終更新:1/17(金) 18:00
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る

Yahoo! JAPAN 特設ページ